• 寝起きで腰が固まっている人は。朝ベッド×ジョイントモビリティ
CONDITIONING
2019.02.02

寝起きで腰が固まっている人は。朝ベッド×ジョイントモビリティ

190126_734_08

一口に腰痛といっても、痛みの度合いと種類(張りか、痺れかなど)は人それぞれ。判断が難しいところだが、歩けないほどの痛みがある場合はまず病院へ。医師に「動かしていい」と言われたら、軽めの運動から始めよう。

朝イチ。ベッドから起き上がろうとするも腰が重い。そんな時はまず足首から動かしてみよう。関節運動なら筋肉に負担をかけずに筋温を高められ、血流が巡れば腰もスッキリ。気分よく一日をスタートできる。

朝ベッドでできる5つのストレッチ

1. 足首を前後に倒す

190126_734_05

朝起きたらまずは足首を動かして、足先の筋温を高め、だんだんと全身の筋肉を目覚めさせよう。仰向けになり、全身脱力。片足の爪先を前に倒し、逆足の爪先を天井に向ける。これを交互にテンポよく繰り返し、足首をほぐす。15〜30秒。

2. 足首を左右に動かす

190126_734_04

続いて両足を少し広めに開き、爪先を天井に向ける。左右の爪先を外→内→外→内と交互に動かし、足を開閉する。足を前後に動かす時よりも動きが大きくなり、脚の付け根まで力が届いているのが感じられるはず。15〜30秒。

3. 骨盤を左右に揺らす

190126_734_06

両膝を立てて90度に曲げ、膝を揃えた状態で真横に倒す。このとき上半身は上に向けたまま、力を抜いてリラックス。膝を一度元の位置に戻し、今度は逆に倒す。これをゆっくり交互に10回繰り返す。骨盤まわりが気持ちよくほぐれていくのを感じよう。

4. 股関節を大きく回す

190126_734_07

片脚を伸ばし、もう片方の脚は持ち上げて膝を曲げる。膝で円を描くように大きく回し、股関節周辺をほぐす。右回り、左回りを10回ずつ終えたら、脚を入れ替え逆も同様に行う。関節可動域が広がるだけでなく、骨盤周辺に血液が巡り、血流アップに繫がる。

5. 膝と股関節を連動する

190126_734_09

片脚を伸ばし、もう片方の脚は膝を曲げて持ち上げ、伸ばした脚側に倒す。おへそは真上に向けておくこと。曲げた膝はベッドから浮かせた状態でキープ、そのまま股関節をゆっくり曲げ、伸ばす。10回繰り返したら、脚を入れ替え、逆脚も同様に行う。

こちらもチェック! 関連記事:


取材・文/黒田 創 撮影/山城健朗 スタイリスト/山口ゆうすけ ヘア&メイク/村田真弓 監修/小林靖(Body Refresh)
(初出『Tarzan』No.734・2018年1月25日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』763号