肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
「ハンドスタンド」自宅で肩が鍛えられる!
ハードに運動したいなら、HIIT上級編に挑戦だ!
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
カラダの背面を鍛えるなら、ブリッジはいかが?
  • 公開:

新スポーツ発見! 4mの巨大ボールでトライを奪い合う「VSラグビー」

Share

多種多様なファンスポーツが登場する昨今だが、これはなかなかのスケール。エアマットの真ん中に鎮座する巨大な高さ4mのラグビーボール。その左右にはゴールポストもちゃんと立っている…。一体、これで何をするの?

「“VSラグビー”という新感覚スポーツ用のコートです。2人のプレーヤーが巨大なラグビーボールを背に、カラダに装着したハーネスを引っ張り合い、先にトライラインを越えた方が勝ち。要はラグビー感覚の綱引きですね」

そう話すのは各種ファンスポーツの提案を行うプレイタス運営事務局の富山真佐輝さん。どんな戦いになるか一戦交えていただけませんか?

20181025rm_DSC_1455
発祥はイギリスだとか。コートは高さ4m、長さ10m、幅4.5m。送風機で膨らますタイプで、ふわふわなので思いきりトライしても安心&安全。基本は2人対戦。大人数での勝ち抜き戦が楽しそう!

ヘッドギアとハーネスを装着する富山さんともうひとりのスタッフ。2人がラグビーボールを持ち準備万全だ。レディーゴー!のかけ声とともに両者がハーネスをガンガン引っ張り合う。壮絶な(?)引っ張り合いの末、富山さんが見事トライ! これは豪快だ。

今後、来年日本で開催されるラグビーW杯の関連イベントを中心に体験ブースを出展予定だとか。子どもも大人も、一緒に楽しめるはず!

20181025rm_DSC_1465
思いきりトライしても安全!

一式レンタル可能、盛り上がること必至!

商業施設や各種イベント会場など、スペースと電源さえあればどこでも設営が可能で、コートおよび送風機、備品のレンタル、さらには競技進行や審判を行うインストラクターの派遣も行っている。問い合わせはプレイタス運営事務局(TEL)03-6809-2481まで。詳細はプレイタス公式HPを参照。

取材・文/黒田創 撮影/大内香織

(初出『Tarzan』No.752・2018年10月25日発売)

Share