<腓腹筋・ヒラメ筋

ふくらはぎの筋肉を構成する筋肉。腓腹筋は一番浅い位置にあって、足にかかった体重を動かす力を持ち、飛び上がる際などに強いパワーを発揮する。ヒラメ筋は腓腹筋の奥にあって幅広で平坦な形をしており、膝を伸ばしたときも曲げたときも下腿を支えるなど、大事な役割を果たしている。両者が合わさって体重を持ち上げ、歩行や走り、ジャンプを支え、立位姿勢を安定させている。

腓腹筋・ヒラメ筋の記事一覧