肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
5種目30分でヒップアップを目指す!
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
「ハンドスタンド」自宅で肩が鍛えられる!
7つのヨガポーズで代謝をアップしよう!
正しい体幹トレは「呼吸」から。
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
X脚の改善なら、股関節をリセットすべし。
  • 公開:

Everybody考案エクササイズの小顔効果がハンパない

エビバディのフェイシャルエクササイズ

お笑いコンビ〈マヂカルラブリー〉の野田クリスタルさんが発起人で、吉本興業所属の芸人やタレントと一緒にトレーニングができる〈クリスタルジム〉。マッチョな筋肉芸人によるパートレや動画配信が目立つなかで、異彩を放つのが〈Everybody(エビバディ)〉の存在。超奇抜な顔芸「フェイス」をもとにした、表情筋をビリビリ刺激する独自エクササイズの一部を特別に公開!

Share
教えてくれた人:Everybody

エビバディ

左からタクトOK!!、かわなみchoy?。2019年結成、〈ヨシモト∞ホール〉を拠点に活動。「フェイス」と名付けた、コアな顔芸が自慢。TikTokは@ everybody201951。ユーチューブ公式チャンネルは『Everybody Ch』。

野田クリスタルも太鼓判。顔を究極まで追い込む最強エクササイズ

一度目にしたら忘れない。それほど強烈なインパクトを与える顔芸に、独自の身振りを組み合わせた芸風で注目を集める、ネオリズム系顔芸芸人〈Everybody〉。二人のエッセンスが色濃く出た 「クリティカルヒットエクササイズ」は、《クリスタルジム》で配信される動画コンテンツのなかでも実に異色。その理由の一つは、表情筋のエクササイズができるから。

「あ・い・う・え・お。この5パターンの顔でできる“フェイシャル体操”」では表情筋をめちゃ動かせます。このメソッドの一番の特徴は、顔だけでなく、顔と動きと声をセットで使うこと。これらの総称を“フェイス”と呼んでます。手はいらんやろ、と先輩芸人によく言われますけど、それは違う! 顔の周りで手を動かすことで顔が引っ張られ、可動域がぐんと広がるイメージです」(タクトOK!!さん

NSC養成所で出会いコンビを組む前から各々、顔芸を極めてきた。そんな〈Everybody〉の経験値とセンスに裏打ちされた「フェイシャル体操」では、“マスク老け”が年々深刻になる顔をとことんシゲキ!

「ちなみに我らがジム長(野田クリスタルさん)には“これはすげーいい”と言われました!! “ジムで筋トレしたりウェイトを扱うのは思い立てば誰でもできる。でもジムでフェイスをやるヤツはまずいない”って。実際、あのムキムキのジム長ですらフェイシャル体操はついてこられてなかった!」(かわなみchoy?さん

今回は野田さんのお墨付きでもある「フェイシャル体操」、基本の“あいうえお”をマスターしよう。手の動きと発声も忘れずに。

フェイシャル体操、基本の動き

目元をぱっちり「あ!」

エビバディのフェイシャルエクササイズ

「あ゛」(かわなみchoy?さん)、「全部の穴を開くイメージで! 手を大きく広げてしっかりパーにしますよぉ〜」(タクトOK!!さん)

キュッと上がった口角に「い!」

エビバディのフェイシャルエクササイズ

「いッ」(かわなみchoy?さん)、「手、ちゃんとつけてくださいねえ。手で唇を横に引っ張り伸ばす感じで〜、声も出してください!」(タクトOK!!さん)

フェイスラインすっきり「う!」

エビバディのフェイシャルエクササイズ

エビバディのフェイシャルエクササイズ

「うぅ」(かわなみchoy?さん)、「唇を前に引っ張る感じでやりますよ! 引っ張る前にちゃんとためてから、顔を前に出します」(タクトOK!!さん)

たるんだ頬に「え!」

エビバディのフェイシャルエクササイズ

「え!!」(かわなみchoy?さん)、「口角を上げる感じね。手もね。口角を斜め上に引き上げる感じでやってくださーい」(タクトOK!!さん)

サラバほうれい線!「お!」

エビバディのフェイシャルエクササイズ

エビバディのフェイシャルエクササイズ

「お!」(かわなみchoy?さん)、「両手で顔を縦に引っ張りまーす。“う”と一緒、しっかり顔の前でためてから最大限縦に!」(タクトOK!!さん)

美肌効果に体幹強化!?「フェイス」で手に入れる老けないカラダ

顔じゅうの筋肉を総動員するフェイシャル体操をはじめ、「クリティカル準備体操」や、持ちネタ「好き好きす~」を応用した約5分の全身エクササイズなど、動画配信の約1時間でいろんな運動ができる〈Everybody〉の「クリティカルフィットネス」。改めて、その狙いとは。

かわなみchoy?さん
60分のオンライン配信レッスンの中で、「フェイス」はあらゆるシーンで登場します。だから顔周りが気になる人には超おすすめ

タクトOK!!さん
美容効果絶大ですよ。アンチエイジングにいいですよ、シワやたるみとか。かわなみは今28歳ですけど、この肌の感じ、そうは見えないでしょう? これは普段からフェイスを動かしているからだと思うんです。ちなみに僕は36歳です。

編集部
お二人とも、確かにほうれい線やたるみが全くないです。

かわなみchoy?さん
私は毎週水曜朝にインスタライブでフェイシャル体操をやってますが、その後メイクすると化粧ノリが全然違う。くすみが取れて血色が良くなります。本気でやるとマ〜ジ〜で汗をかく。

編集部
表情筋を多角的に動かすことで血流が良くなるんでしょうね。

タクトOK!!さん
俗に言う“小顔マッサージ”はシワが伸びると聞きますけど、手でやたらとマッサージすると皮膚が伸びて、たるみの原因になるとか。だから自分の力で、筋肉を使ってフェイスを動かすほうが顔には絶対いいですよ! あと僕らのエクササイズでは眉毛も動かすんで、頭皮も実は動かせます

かわなみchoy?さん
「クリティカルヒットエクササイズ」をした後は頭もスーッとしますから。

編集部
仕事終わりなどに感じる頭の重さや疲労感もリセットできそうです。またフェイスだけでなく手の動きを行うことで、肩甲骨周りをよく動かせるし、自然に体幹も使える印象です。

タクトOK!!さん
あっそっそ〜すね、肩甲骨の可動域アップや姿勢の改善ももちろん念頭に考えました(早口)。僕らのメソッドで重要なのはコアなんですよ!

かわなみchoy?さん
実際、全身運動になりますよ。発声で腹から声を出すんで腹筋も使うし、フェイスをやればやるほど声がデカくなる気がします。師事するボイトレの先生によると、高音を出すには目を開くのが大事らしい。結局、「フェイス」は顔以外にもつながってます

30〜40代男性こそ「フェイス」をすべし

タクトOK!!さん
手と声も使うことがとにかく重要。最初は特に声を出すのに恥じらいがある人が多いですが、100パーセントで声を出さないと本来の効果が出ません。逆に、そこさえ乗り越えれば “フェイサー”です!

エビバディのフェイシャルエクササイズ

エビバディのフェイシャルエクササイズ

「フェイシャル体操は、声も100パーセント出さないと表情筋に効きません。かわなみが口パクで“あ”のNG例を見せます、せーのっ」(タクトOK!!さん)、「アッ…」(かわなみchoy?さん)

編集部
そうですよね。…ただ、お二人のように全身全霊“あいうえお”をできるだろうか…。

タクトOK!!さん
いや、やってください。そもそも30〜40代の男性こそフェイスを鍛えるべきです。顔のエクササイズ=女性のもの、ではない! つい男はモテたい一心で胸トレなんかを頑張りがちですけど、本来フェイスから鍛えるべきだというのが持論。結局、初対面の時にはカラダよりまず顔を見られるでしょう。でも表情筋は意識して使わないと年々衰えますよ。(EXITの)りんたろー。さんも言ってました、「顔の若々しさこそ大事」って!

かわなみchoy?さん
りんたろー。さんはスキンケアにしっかり投資してますけど、「クリティカルヒットエクササイズ」ならほとんどお金をかけずにちゃんと若返れます。それに「フェイス」の基礎が身につくと、第一印象も良くなり、明るい人に見られる。それも絶対モテにつながるはず!!

ちなみに、手でハートを作りながら行う、スクワットなどの全身運動も「フェイス」と組み合わせるので、効果は倍増。大きな声とともに、全力でポージングをすれば、なまった体幹の筋肉に否が応でもスイッチが入る。顔はもちろん、全身が引き締まる〈Everybody〉のオンライントレーニング、ぜひお試しあれ!

エビバディのフェイシャルエクササイズ

脚を広めに開き、胸の前で手でハートをつくったら、そのハートを前に出しながら腰を落としてワイドスクワット。「腿やお尻、胸の筋肉をぎゅーっと収縮させます」(タクトOK!!さん)

クリスタルジム

リアルなパーソナルレッスンだけではなく、クリスタルジムでは〈Everybody〉のフェイシャルエクササイズ含め、楽しみながら鍛えられるトレーニング動画を配信。詳細はHPを要チェック!

  • 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-28-9 新宿高山ビル1F
  • 営業時間:11:30〜22:00(平日)、10:00〜22:00(休日)
  • WEBサイト
1周年記念のお得なキャンペーン実施中!

クリスタルジムでは、「夏休み限定︕高校生マッチョ化計画〜」と題し、高校生は半額になるキャンペーンを8/27(土)まで実施中。一般の人も500円引きでトレーニングを受けられる。詳細はHPへ。

キャンペーン詳細ページ

取材・文=門上奈央 写真=大内カオリ

Share