ダイエット中の外食のコツ。
ダンベルを使いまくる王道19種目。
今日は公園の鉄棒で腹筋を鍛えよう!
週2日の筋トレで腕は太くなる。
AYAさん直伝の筋トレで腹をイジメたい!
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
自宅にあると心強い! プロが選んだ常備薬。
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
  • 公開:

“筋肉”と“むっちり感”。奥山かずさのなりたいカラダ

奥山かずさ/おくやま・かずさ 1994年生まれ。2018年『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日)に出演。今年は舞台で初主演も。デジタル写真集『優艶』(小学館)発売中。

類い稀なる運動神経を生かし、戦隊ヒロイン女優として派手なアクションもこなす奥山かずささん。実は、グラビアの仕事を通して、目指すカラダにも変化があったのだとか。今の奥山さんの描く理想やこだわりについて教えてもらった。

Share
We Love ジェーン!

『ターザン』の心の拠り所、それは“ジェーン”(Jane)というヒロインの存在。明るく活発で、自分の好きなことにはとことんまっすぐ。そんな強く健やかな心身を持つのは、彼女たちの日常に“フィットネス”があるから。「We Love ジェーン!」では、フィットネスを心から楽しむジェーンたちの知られざる一面に迫る。

we love jene

“痩せたい”ではなく“引き締めたい”

太陽のような眩しい笑顔に、類い稀なる運動神経。戦隊ヒロインとして女優デビューし、最近ではグラビアでも多くのファンを魅了する奥山かずささん。プロ野球の始球式では、見事な本格投球を披露し、観客の度肝を抜いたことも記憶に新しい。

奥山かずさ

奥山かずさ

奥山かずさ

奥山かずさ

奥山かずさ

奥山かずさ

奥山かずさ

ブラトップ7,150円、レギンス13,200円、共にナージー、問い合わせ先/ジュンtel.0120-298-133

小学生の時に野球、中高はソフトボールに打ち込み、子供の頃から今まで運動していなかった時期はほとんどありません。よくストイックだと言われるけど、カラダを動かすことがただただ楽しくて。戦隊モノをやった時には“運動能力を活かせる見せ場が欲しい!”とアピールして、わざわざ派手なアクションシーンを作ってもらったんですよ(笑)

ボディメイクに目覚めたのも10代の頃から。

知識もなく、とにかく走って食事制限をするがむしゃらなダイエットをしていたんです。体重は落ちたけど、その時と比べると今の体型のほうが好きですね。グラビアの仕事を始めて、客観的に自分を見るようになったら、細い自分に魅力を感じなくなって。引き締めたいとは思っても、痩せたいとは全然思わない

“効いている”という実感が楽しい

弾力を感じさせる、適度な丸みのあるカラダ。思い描いていた理想の体型に近づき、維持するための宅トレやランニングに励んでいる。

奥山かずさ

奥山かずさ

ブラトップ9,900円、パンツ9,900円、シューズ11,000円、以上ナージー、問い合わせ先/ジュンtel.0120-298-133

ハードにジム通いしていた時期もありましたが、筋肉質になりすぎてしまいそう、という懸念もあって宅トレにシフトチェンジ。週2〜3回、ストレッチを含め1時間半ほどやっています。神経を筋肉に集中させて“ここに効いてる!”って実感しながらやると、すごく楽しくて。

次に手に入れたいのは、きゅっと上がったまあるいお尻。モチベーションを上げるためにインスタで海外のトレーナーのカラダばかり見ているから、私のフィードはセクシーな女性だらけ(笑)。でも、なりたいカラダを見るのは大事なこと。具体的な目標を見つけると、どんなトレーニングをすべきか明確になるから

ボディメイクの意欲はとどまるところを知らず、彼女の興味はヨガやピラティスにも向いているそうだ。

外側の筋肉にフォーカスしてきたので、コアを鍛えたいし柔軟性も欲しくって。自分のカラダを好きになることをゴールにした、運動法の発信もしてみたい。説得力のある体型をキープするためにも、いくつになってもカラダを動かし続けます。運動のない生活は想像できません!

奥山かずさ

奥山かずさ

奥山かずさ

奥山かずさ

奥山かずさ

ブラトップ4,400円、レギンス8,250円、共にナイキ、問い合わせ先/ナイキ カスタマーサービtel.0120-645-377

本誌・掲載号はこちら!

雑誌ターザン/Tarzan839号 夏こそ、代謝を上げよう!

『ターザン』839号(2022年8月10日発売)の特集は「夏こそ、代謝を上げよう!」。意外や意外、冬よりも夏は基礎代謝が低くなりがちだって、ご存知でしたか。なぜ代謝を上げないといけないのか? 本誌では実に22にも及ぶメリットを解説。

また、いいことだらけの代謝アップは、日常生活の些細な選択が関わってきます。目覚めの一杯は、冷たい水? 白湯? ひと駅歩くなら、行き? 帰り? そんな代謝アップの選択を、朝、昼、夜のシーン別にたくさん紹介します。

取材・文/間宮寧子 撮影/大辻隆広 スタイリスト/伊藤信子 ヘア&メイク/森川誠 トレーニング指導/神戸貴宏 題字/師岡とおる 撮影協力/BEAST TRAINING COLOSSEUM

初出『Tarzan』No.839・2022年8月10日掲載

Share