揺れる電車を活用して、体幹を鍛えよう。
「筋トレでダイエット」するならこの6つを心得よ。
「大胸筋の中央」を深掘りするトレーニング。
妊娠中にできる運動は?
自宅でプルプル二の腕を引き締める。
週2日の筋トレで腕は太くなる。
筋トレの効果を高めるなら、この3つのサプリ!
1分縄跳びで内臓脂肪を即効撃退。
  • 公開:

ウォーキングのモチベーションに繋がる。ピクミンと1日2万歩のご近所旅(TEAM Tarzan)

風呂場でのピクミン撮影

『ターザン』が運営する有料オンラインコミュニティ「TEAM Tarzan(チームターザン)」。そのメンバー・かのこさんは、あるスマホアプリを始めてから、1日約12kmも歩くようになったという。そのアプリとは?

Share

かのこ

かのこ

この記事を書いたメンバー

趣味は散歩とランニング。カラダを楽しく動かすのが大好き! 筋トレを習慣化してしなやかなカラダを作ることが目標。

こんにちは、TEAM Tarzanのかのこです。

それまで外歩きにさほど興味のなかった私が、始めてから4か月で累計250万歩、5か月後には320万歩を達成させたスマホアプリ。それが〈PikminBloom(ピクミンブルーム)〉です。

ただ歩くようになっただけではなくて、ピクミンを始めてから、自分の周りの世界の美しさによく気づけるようになりました。なぜ、私にそんな変化が起こったのか。今回は詳しくお話ししたいと思います。

歩いて育てる、ARアプリ

忘れもしない2021年11月3日(文化の日)。私のスマホにピクミンが棲みつきました。スマートフォン向けARアプリ〈ピクミンブルーム〉がリリースされてから3日後。私のスマホにアプリをインストールした日です。

「ピクミンブルーム」とは、ピクミンをスマホで育てるゲームのこと。謎の生き物ピクミンは、現実世界とリンクする地図上に落ちている苗を引っこ抜くと、育てることができます。現実世界で歩いた歩数が多ければ多いほど、苗や、ピクミンの育成に必要なエキス(エサ)を集められ、より多くのピクミンと出会うことができます。

これまで殆どゲーム経験のない私ですが、アプリを起動して歩くだけで遊べるという手軽さや、とにかくピクミンが可愛いという超単純な理由だけで、毎日ピクミンと一緒に歩く生活を送るようになりました。

    ピクミンのデータ

    ピクミンを始めて「機会を狙っては歩く」生活スタイルに切り替わりました。ピクミン公式は「1日1万歩、歩いてみよう」をユーザーに推奨していますが、私の場合、1日平均して12.8km歩きます。

    朝1時間のランニング、昼休憩時に40分の散歩、終業後は買い出しも兼ねて1時間散歩がルーティン。土日も平日と同じ時間に起きて散歩に出ます。5km圏内の用事は徒歩で行くようになりました。

    毎朝決まった時間に家を出て、花を咲かせる

    ゲーム内では、現実世界のランドマークとなる建物やオブジェのある場所に「ビッグフラワー」が配置されています。

    例えば、表参道の《Apple store》前の歩道橋からの景色はこちら。普通に見た景色は何の変哲もありませんが、ゲーム内で同じ景色を見ると、右側に、白色のガーベラと、赤色のチューリップがドーンと咲いているのがわかります。

    表参道のApple store前の歩道橋からの景色

    この「ビッグフラワー」は花が咲いても、23時間後にリセットされて萎んでしまいます。でも「花植えモード」にして周りを歩くと、また花を咲かせることができるのです。この時間設定に、ハマっています…!

    雨だろうが、寒かろうが、眠かろうが、どんな時でも「近所のビッグフラワーの花がリセットされてしまうな」と気づくや否や「咲かせに行かなくちゃ」と足先が動きます。

    この5か月はほぼ毎朝6時15分に家を出て、近所で1本は咲かせることを続けています。「この私が咲かせなくては!」と謎の使命感に燃えているのです。

    ピクミン画面

    綺麗な「ビッグフラワー」が咲くと嬉しくなります。

    出掛けた先の記念はAR撮影で残す

    ちょっと遊びに出かけた先で、その施設のビッグフラワーを咲かせたり、施設名を背負ったピクミンが生まれたりすると、より一層、愛着が湧いてしまいます。

    たつの湯

    練馬の銭湯〈たつの湯〉さんに伺った時は、建物はかっこいいし、お風呂は気持ち良いし、ビッグフラワーはあるし! さらには、たつの湯さんから生まれたピクミンも拾ったりして! 楽しさ倍増。良いこと尽くしでした!

    風呂場でのピクミン撮影

    この日は、営業時間前にお風呂場の撮影がOKだったので、AR撮影もしました。ピクミンたちがその場に居るように写真を撮るのも楽しんでいます!!

    身近な変化に気づけるようになった

    1日3回は歩きに出ていますが、遠出は少なく、変わり映えしない近所をひたすらグルグル回遊しています。

    その分、11月の晩秋から、冬、そして春を迎えて、身近な場所での季節の変化によく気づくようになりました。私が見つけた季節の移り変わりはピクミンのAR撮影で写真に収めています。少しですがご紹介します。

    ピクミン画像

    11月:青色のピクミンに銀杏の上を歩いてもらいました。

    クリスマス

    12月:街の至る場所にイルミネーションが出現。クリスマスツリーのオーナメントに紛れたピクミン。

    ピクミン画像12月

    1月:珍しく東京でも雪が積もりました。雪が消えないうちに防寒バッチリきめて撮影!

    ピクミン画像

    2月:毎朝通る道の梅の花が、やっと咲いた! という日は嬉しくなります。

    ピクミン画像

    3月:桜が咲き始め、満開、散る中を歩くのが楽しい。

    ピクミン画像

    春の嵐が通った後は、足跡のように花が落ちていました。

    ピクミン画像

    ソメイヨシノから八重桜に主役が交代。それも散っていきました。

    ピクミン画像

    藤が満開を迎えました。雨上がりの朝は、空気も湿っているせいか、キノコも傘を開いています。

    今まで撮り溜めたAR写真は、とても載せ切れません。毎回、草木や花、空の模様に目を楽しませてもらい、たくさん撮影をしています。

    イベントやコミュニティも充実

    最近はTwitterでピクミン専用アカウントを作りました。他の人がアップしたAR写真に刺激を貰ったり、得た情報を自分の散歩中に実践することもあります。コミュニティがあること、反応が返ってくることにも支えられています。

    Twitterのハッシュタグ「#ピクミンと1万歩の旅」を見ると、沢山の人が、ピクミンと一緒に歩く様子を実況しています。

    2022年4月23日のアースデーに合わせ、制作元の《Niantic社》が「5km以上歩いたプレイヤー数に応じて植樹します」と発表。ゲームで遊ぶだけで、地球環境に貢献できてしまうのも面白く嬉しい取り組みでした。


    これから暑くなる時期も、どんな景色をピクミンと楽しもうかワクワクしています ! 世界がちょっと良く見えるようになる妖精さん。あなたのスマホにもいかがですか?

    Share