ハードに運動したいなら、HIIT上級編に挑戦だ!
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
「動けるカラダ」になる高強度トレにチャレンジ!
“膝パカパカ”でヒップのサイドラインを整える。
「有酸素×筋トレ」のメソッドで免疫力アップ
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
今日は公園の鉄棒で腹筋を鍛えよう!
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
  • 公開:

“鍛えるシェフ”直伝の筋肉レシピ:ねぎま おろしキュウリ

〈鳥おき〉店主の森丈宙さんが教える筋肉レシピ

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈鳥おき〉店主の森丈宙さんに教えてもらった「ねぎま おろしキュウリ」。

Share

〈鳥おき〉店主の森丈宙さん

森丈宙さん

教えてくれた人

焼き鳥の名店〈鳥よし〉〈床島〉を経て、2011年に独立。本店とその2軒隣に2号店を構える。伊勢の赤どりを紀州備長炭で焼き上げる串焼きのおまかせが人気。

焼き鳥店おなじみのメニューがトレメシに変身! 教えてくれたのは、筋トレ歴約10年、5年前からボディビル大会に挑戦する〈鳥おき〉店主の森丈宙さん。

「まずはねぎま。肉はもも肉よりあっさりしたささみに。焼く時は簡単にフライパン&オリーブ油でOKです。さらにタレ代わりにおろしキュウリをかけるのがトレーニー的にイチオシ。キュウリはそのままポリポリ食べるのもいいですが、料理にも利用価値大です」

ねぎま おろしキュウリ

〈鳥おき〉店主の森丈宙さんが教える筋肉レシピ

材料:2人分(4本)

  • ささみ(筋と薄膜を除く)…4本
  • 長ネギ(白い部分のみ)…1本
  • オリーブ油…大さじ1
  • キュウリ(すりおろし)…1本
  • 白ゴマ…少々
  • 一味唐辛子…少々
  • ポン酢…適量

作り方

  1.  ささみは1本を4等分に切る。長ネギは4cm幅で8等分に切る。
  2.  竹串1本につき、ささみ1本分と1で切った長ネギ2個を刺す。きれいな扇形になるように、身が小さめのささみの尻尾側、頭側、長ネギ、身が大きめのささみの真ん中の部分、長ネギ、ささみの真ん中の部分の順に打つ。
  3. フライパンでオリーブ油を温め、2を弱火で何度かひっくり返しながら両面に焼き色がつくまで焼く(目安は10分程度)。
  4. 皿に3を移し、キュウリのすりおろしを乗せ、ゴマ、一味唐辛子を振る。ポン酢を別器で添える。

ポイント

〈鳥おき〉店主の森丈宙さんが教える筋肉レシピ

形よくきれいに串に刺すには、身の上下を指でつまんで押さえながら打とう。

栄養ポイントはココ!

脂質が少ないささみ。油を使うなら、今回のように良質なオメガ9脂肪酸が摂れるオリーブ油にすればよりカラダにいい組み合わせになりますね。キュウリダレも低カロリー&低糖質、さらにビタミンCの補給までできて吉。(管理栄養士・河村玲子さん)

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.820・2021年10月7日発売

Share