• たまには“本気で10km”を走らないか。最速を競うバーチャルレース《TOKYO FASTEST 10K》
RUN
2021.10.08
promotion

たまには“本気で10km”を走らないか。最速を競うバーチャルレース《TOKYO FASTEST 10K》

TOKYO FASTEST 10K

マラソン大会やロードレースの中止が相次ぐなか、日本中のランナーのモチベーションを高めるバーチャルレースが開催される。10kmの最速を競う《TOKYO FASTEST 10K》だ。

最後に本気で走ったのは、いつ以来だったか。全力で長距離を走る楽しさは知っている。疾走してリズムに乗れたときの無敵感。追い込んで、出し切ったときの達成感。クールダウン後に火照ったカラダで浴びる、ちょっと冷たいシャワーもたまらない。

ただ、そのキツさも知っている。悲鳴をあげる心肺と、ラストスパートで痺れる手脚。走りたいけど、走りたくない。いつもだったらその一歩を渋ってしまう。

では、それが一人ではなく日本中のランナーと一緒ならどうか。普段のランニングに違う刺激を求めるなら、うってつけなのがアディダスによる「ADIZERO FASTEST PROJECT(アディゼロ ファステスト プロジェクト)」だ。

日本の10km最速を決めるレース。

日本中のランナーが最速を目指すプロジェクトで、第一弾として9月に開催されたのが《YOUR FASTEST 5K》。それに引き続き、10kmを「1秒でも速く走る」ことを目指す《TOKYO FASTEST 10K》が10月24日(日)に開催される。

これは「アディダス ランニングアプリ」を通じて、日本中どこからでも参加可能なバーチャルレース。スタート時間やコースを参加者が自由に選び、アプリ上で計測した10kmのタイムを競うというもの。

普段ランニングをしている人も、全力で追い込む機会はそうは多くないだろう。VO2max(最大酸素摂取量)を増やし、筋持久力を強化できるスピードトレーニングとしてもメリットがある。

上位入賞者から抽選で3名にアメリカで2022年に開催予定の「ボストンマラソン2022への参加権」が授与されるほか、「“最速”を目指すための商品サポート一年分」が貰えるとあり、特典でもモチベーションは高まる。

とはいえ、アディダス契約アスリートの岩出玲亜選手や「ADIDAS RUNNERS TOKYO」のキャプテン、コーチも参加予定など、猛者が集まることは間違いない。

アディダス契約アスリートの岩出玲亜選手の写真
岩出玲亜(いわで れいあ)/プロランナー。ハーフマラソンでU20日本記録の1時間9分45秒をマーク。初マラソンの14年11月の横浜国際女子では、10代日本最高となる2時間27分21秒で3位。19年名古屋ウィメンズマラソンで自己記録の2時間23分52秒。

そこで重要なのがコース設定。自分で自由に設定できるので、岩出玲亜選手は「追い風を利用できてワンウェイの10kmがとれる河川敷のコースを走ろうと思います」と言う。コース戦略が求められるあたりにも、いつもの大会とは違う刺激がある。

気分転換や健康維持の手段としてスピードを求めずに走っている人も、少しだけ速さを意識すると、“走ることの純粋な楽しさ”を再発見できるはず。それは言わば子供の頃、ただ楽しかった「かけっこ遊び」そのもの。速く走れるコースを近所で見つけるのも、つまりは遊び場探し。せっかくなら当日だけでなく、その準備から楽しみたい。

参加方法

TOKYO FASTEST 10K

受付期間:2021年9月28日(火)~10月24日(日)

開催日時:2021年10月24日(日)0:00~23:59

参加方法:スマートフォンアプリ「アディダス ランニングアプリ」内のイベントより登録。

参加料:無料

特典

  1. 「ボストンマラソン2022」参加権:3名 
  2. 「”最速”を追求するための商品サポート1年分」:3名

※レース参加者のうち上位入賞者の中から抽選にて選出。

※ボストンマラソン2022会場までの渡航費や宿泊費などは当選者負担。

※商品サポートは2022年1月~12月の期間、4回に分けて商品提供。

「自分史上最速」の戦略に《ADIZEROシリーズ》。

コース選び以外にももう一つ、最重要戦略といえるのがシューズ。注目なのが「日本人を速く」するというコンセプトの《ADIZEROシリーズ》からの最新の4モデル。

2020年9月、プラハハーフマラソンでペレス・ジェプチルチル選手が女性単独ハーフマラソンの世界新記録を樹立、さらに今年の9月12日、アグネスジェベト・ティロップ選手が10kmの女子単独レースで世界新記録を達成した。

その両選手が着用したADIZERO ADIOS PROの最新モデル《ADIZERO ADIOS PRO 2》をはじめ、持てるテクノロジーを究極なまでに高めて装備した《ADIZERO PRIME X》、毎日のランニングにも使える《ADIZERO BOSTON 10》、初心者から上級者までレベルを問わずフィット性に優れる《ADIZERO JAPAN 6》と魅力的なラインナップが揃う。

1/20

ADIZERO ADIOS PRO 2

《ADIZERO ADIOS PRO 2》の写真
《アディゼロ アディオス プロ 2》 価格:26,000円(税込み)

トップアスリートと共に開発したレーシングモデル。足の中足骨をイメージし、自然な重心移動を可能にする5本骨状カーボンバー「 ENERGYRODS」に、クッション性とエネルギーリターンに優れたフォーム「LIGHTSTRIKE PRO」、アディゼロシリーズで最薄最軽量のメッシュアッパー「CELERMESH2.0」を搭載。

ADIZERO PRIME X

《ADIZERO PRIME X》の写真
《アディゼロ プライム エックス》 価格:36,300円(税込み)

《ADIZERO ADIOS PRO 2》以上にスピードを追求したコンセプトモデル。ミッドソールの「LIGHTSTRIKE PRO」は3層構造、剛性を高めてバネのような反発力をもたらす「ENERGYRODS」と「ENERGY BLADES」の2層構造。極めつけはヒールの厚みを50mmと、アディダスの最先端テクノロジーすべてが詰まっている。

ADIZERO BOSTON 10

《ADIZERO BOSTON 10》
《アディゼロ ボストン 10》 価格:15,400円(税込み)

ADIZERO ADIOS PRO 2の設計を踏まえた上で、「ENERGYRODS」はグラスファイバー素材にし、フォームは「LIGHTSTRIKE PRO」に「LIGHTSTRIKE EVA」を組み合わせて耐久性を高め、毎日のトレーニングに向くように設計。アウトソールではコンチネンタルラバーをより広範囲に採用して安定性を高めている。

ADIZERO JAPAN 6

《ADIZERO JAPAN 6》の写真
《アディゼロ ジャパン6》 価格:14,300円(税込み)

日本人の足に合わせて0.01mm単位で調整した木型で設計。フォームは「LIGHTSTRIKE PRO」に「LIGHTSTRIKE EVA」を組み合わせて推進力と安定性、耐久性のバランスを高めている。軽量なメッシュアッパー、エクターナル補強パーツやトゥキャップにより、履いた瞬間から足との一体感が感じられるフィット性が特長。

アディダスが今考え得る最速のためのテクノロジーが詰まっているだけに、それに“乗る”ワクワクはランナー冥利に尽きる。なかでも、搭載されたカーボンプレートの枚数やソールの厚みの点で、世界陸連の規定によりトップアスリートが公式レースで着用を認められない《アディゼロ プライム X》は存在が刺激的だ。

自分のタイミングで、気に入ったコースを走る。しかも日本中のランナーともつながれるなんて、バーチャルだからできたランのいいとこ取りのレース。この「1秒でも速く走る」かけっこ遊びは、準備も含めて本気でやるのが間違いなく楽しい。

INFORMATION

アディダスお客様窓口

TEL:0570-033-033 (土日祝除く、9:30〜18:00)

https://shop.adidas.jp/running/adizero_adios_pro/


特設サイト及びアディダスSNSアカウントでは、ランドスケープデザイナー石川初氏など各分野の専門家による“最速の10km”を走るコース選びなどを順次発信。最速への情報戦にチェックしておきたい。

文/本田賢一朗