• 公開:

“鍛えるシェフ”直伝の筋肉レシピ:鶏のカッセルオーラ

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈レストラン ラッセ〉オーナーシェフ・村山太一さんに教えてもらった「鶏のカッセルオーラ」。

Share

村山太一さん

教えてくれた人

レストラン ラッセ〉オーナーシェフ・村山太一さん/渡伊中、3つ星店〈ダル・ペスカトーレ〉で副料理長に抜擢。帰国後、現店を開店し、10年連続で1つ星を獲得。ほかにレストランプロデュース、著書執筆など多彩に活躍。

「イタリアの店にいた時のまかないをトレーニー用にアレンジしました。オリーブ油は控えめですが、現地の味を楽しめます」

鶏のカッセルオーラ(煮込み)は、なんと炊飯器の調理で完成。

「煮汁も抜群の味。糖質制限中でなければ、パンと一緒にどうぞ」

鶏のカッセルオーラ

〈レストラン ラッセ〉村山太一さんの筋肉レシピ「鶏のカッセルオーラ」

材料(2人分)

  • 鶏もも肉(皮と脂身は除く)…2枚
  • ミニトマト(半分に切る)…300g
  • EXVオリーブ油…小さじ1
  • ブランデー(赤か白のワインでも)…大さじ1
  • 黒コショウ…1つまみ程度
  • レモンスライス(厚切りにして、種は除く)…5枚
  • ローズマリー(枝のまま)…1本
  • ニンニク…1片
  • 塩…少々

作り方

  1. 鶏肉の両面に軽く塩を振る。
  2. 調理機能付きの炊飯器の釜にミニトマトを1/3量、EXVオリーブ油、1の鶏肉、残りのミニトマトの順に重ねながら入れる。ブランデー、黒コショウを振り、レモンスライス、ローズマリー、ニンニクを乗せる。
  3. 炊飯器に2をセットし、調理モードのスイッチを入れる。
  4. 3のスイッチが切れ調理が終わったら、器に盛り付ける。

ポイント

〈レストラン ラッセ〉村山太一さんの筋肉レシピ「鶏のカッセルオーラ」

釜に材料をすべて入れる。風味がグンと増すのでブランデーかワインも忘れずに。

栄養ポイントはココ!

鶏胸肉ばかり脚光を浴びがちですが、鶏もも肉も皮を除けば減量中も食べてOKアイテム。同重量当たりのカロリーは約半分に減ります。炊飯器での調理も、使う油を最小限にすることができるので栄養的にもいい方法です。(管理栄養士・河村玲子さん)

photos:Chihiro Oshima text:Noriko Ozawa nutrition supervision:Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.818・2021年9月9日発売

Share