• 〈セイコー プロスペックス〉を相棒に、村雨辰剛が「最強の4分トレ HIIT for テレワーク」に挑む
TRAINING
2021.07.02
promotion

〈セイコー プロスペックス〉を相棒に、村雨辰剛が「最強の4分トレ HIIT for テレワーク」に挑む

村雨辰剛さん

日本古来の文化と深く関わった仕事がしたい。そんな思いから日本の造園業へと飛び込み、庭師となった村雨辰剛さん。高校卒業後に来日し挑戦を続ける彼に、多くの冒険家やアスリートに選ばれてきた〈セイコー プロスペックス〉のダイバーズウオッチとともにHIITに挑んでもらった。

筋トレには「タイムマネジメント」が欠かせない。

NHK『筋肉体操』に出演したことで脚光を浴びた村雨辰剛さんは、もちろん日々筋トレに励んでいる。1回のトレーニング時間は60分。高い集中力を維持するため、種目数を増やしたいときでも時間を長くすることはないそうだ。

村雨辰剛さん
村雨辰剛(むらさめ・たつまさ)/1988年、スウェーデン生まれ。高校卒業後に来日。23歳で造園業の道へ。5年間の修行の後に独立し、26歳で日本国籍を取得。庭師として活動しつつ、テレビ出演も多数。
衣装/クルーネックポケットTシャツ(gwmaverick)8,800円、フレキシブルショーツ(THE NORTH FACE)6,490円、問い合わせ先:共にゴールドウイン カスタマーサービスセンターtel. 0120-307-560。

「部位を増やしたいときは、最低限のインターバルで主動筋と拮抗筋を鍛えるスーパーセットと呼ばれるメソッドでトレーニングをしています」

レスト時間の管理も、ケガなく効果的なトレーニングを行なうために大切なこと。

「3〜6レップ(レップ = 種目を行う回数)が限界の高重量のメニューにトライするときは、2分のレスト(休憩)を挟むようにしています。高重量は疲労感が残っていると危険ですし、その重量としっかり向き合えるように、筋肉を十分に休ませます。

10〜12レップのメニューならレストは45〜60秒。体内の感覚に頼ることもありますが、新しいメニューに取り組むときはタイマーなどを使って時間の管理をきっちりやるようにしています」

そして、トレーニングで狙った効果を手にするには、妥協なく継続することが不可欠だ。

「長年続けている筋トレでも庭師の修行でも実感したのですが、毎日の積み重ねが大きな成果に繋がるのだと思います。良いものを日課にして、日課を大切にする。そうやってベースを整えて新しい挑戦を上乗せすると、成長できるのかなと」

今回、村雨さんには運動不足が懸念される自宅作業時などに最適な「HIIT for テレワーク」というオリジナルトレーニング種目に挑戦してもらった。運動時間は4分弱という時短メニュー。これなら朝の仕事前やテレワークの合間などに実践でき、“毎日の積み重ね”として継続しやすいはずだ。

セイコー プロスペックス SBDC105
《セイコー プロスペックス SBDC105》/1965年に発売された国産初のダイバーズウオッチを現代的にリメイク。アンティーク然とした雰囲気を醸しながらも、シリコンストラップによって軽快な印象と着け心地を実現。駆動方式は自動巻(キャリバー6R35)。200m空気潜水用防水。外径40.5mm(りゅうず含まず)、厚さ13.2mm。価格121,000円(税込み)。

時間管理に使用する〈セイコー プロスペックス〉の《SBDC105》は、1965年に発売された国産初のダイバーズウオッチをアレンジしたもの。アンティーク然とした雰囲気と、シリコンストラップによる軽快な着け心地が特徴だ。

「普段もセイコーのアンティークウオッチを愛用しているのですが、クラシックなスタイルが好きなんです。《SBDC105》は歴史とロマンを感じるデザインですし、メカニカルの時計は身に着けるとなんだか気が引き締まりますね」

運動不足やビジネスに最適なHIIT。

実践してもらう4分間のトレーニングは、世界一効率のいい時短トレと評されるHIIT(High Intensity Interval Training)というメソッド。忙しい日々を送るビジネスパーソンにうってつけのトレーニングだろう。20秒間の高強度の運動と、10秒間の休憩8回繰り返すことを基本とするHIIT。隙間時間で効率よく鍛えることができ、疲れにくいカラダが手に入る。

野球、サッカー、格闘技など、多くのアスリートが取り入れているHIIT。心肺機能の向上筋力アップ脂肪燃焼といった効果が見込めるのはもちろんのこと、実は脳にも効く

たとえば、乳酸がたっぷりと出る高強度のトレーニングをすると、脳の認知機能が向上するという研究報告がある。認知機能とは、記憶、思考、理解、計算、学習、判断などの能力の総称。HIITに取り組めば、ズバリ頭が冴えると言える。

トレーニングを行う村雨辰剛さん

HIITは、情報を統合して最適解を導き出す実行機能を高めるのにも有効だ。そもそも運動をすることで実行機能は向上するのだが、ウォーキングやジョギングのような低強度や中強度の継続的な運動と比較すると、HIITの方が運動後の実行機能のテスト成績が高いスコアで維持されるというデータがある。仕事に向かう前、早朝にトレーニングをするのはとても理に適った行動なのだ。

実践! HIIT for テレワーク。

今回、村雨さんにチャレンジしてもらうのは、デスクワークが多いビジネスパーソン用にアレンジしたヒンズースクワットを繰り返すもの。

臀部や大腿部に加え、肩甲骨周辺の筋肉やふくらはぎにも同時にアプローチすることで、超効率的に血行促進脂肪燃焼を狙う。肩こり・腰痛、足のむくみ対策にもなる。継続することで下半身の筋肉量が増えれば、太りにくいカラダも手に入る。

HIIT for テレワークのやり方

1/20
トレーニングを行う村雨辰剛さん
トレーニングを行う村雨辰剛さん
トレーニングを行う村雨辰剛さん
トレーニングを行う村雨辰剛さん
  1. 両足を腰幅に開いて立つ。両手を胸の前で合わせて背すじを伸ばす。爪先は少し外側に向ける
  2. 臀部を後ろに突き出すようにしゃがむのに合わせて、肩甲骨を寄せながら腕を後方に振る。膝が内側に入ったり、骨盤が後傾しないように注意。背すじは伸ばしたまま。
  3. 十分に深くしゃがんだら、一度床に触る。
  4. 手を胸の位置に戻しながら立ち上がり、爪先立ちに。
  5. これをリズミカルに繰り返す。

まずは20秒の間に10回繰り返すことを目標にし、少しずつ回数を増やしていこう。

そして実践の際には、ぜひ下の動画を流しながらトライしてみてほしい。村雨さんと一緒に、ボディメイクとビジネスを加速させる最強の4分トレ「HIIT for テレワーク」に挑戦しよう。

HIITの時間管理に《SBDC105》を活用した村雨さん。そのフィット感、視認性の高さに満足したよう。

「今回使用したシリコンベルトは、ハードに動いても汗をかいても違和感がなく、とてもいいフィット感でした。秒針もはっきりと見えました。秒針を目にすると、デジタル表示よりも時間の経過や1秒の重みを強く感じるなとも改めて思いました」

セイコー プロスペックス SBDC105を着用する村雨辰剛さん
鍛えられた村雨さんの腕に《SBDC105》が映える。「なんだかシルベスター・スタローンみたいな感じですね(笑)」(村雨さん)

「あとはトレーニングで浮き出てきた血管にとても似合う時計だなと(笑)。これをつけていると自分の腕がカッコよくなったような気がしますね!」

気持ちを引き締めてくれる〈セイコー プロスペックス〉。

《SBDC105》のオリジナルにあたるのは、1965年に発売された国産初のダイバーズウオッチ。1966年から4度にわたり、南極観測隊越冬隊員の装備品として寄贈されたモデルで、アドベンチャーウオッチやパイロットウオッチに通ずるセイコー特殊時計開発の原点でもある。

今回の撮影で使用したシリコンストラップの《SBDC105》(121,000円)のほか、ステンレスベルトを採用した《SBDC101》(143,000円)なども展開されている。

1/20
セイコー プロスペックス SBDC101
《セイコー プロスペックス SBDC101》/駆動方式:自動巻(キャリバー6R35)。200m空気潜水用防水。外径:40.5mm(りゅうず含まず)、厚さ:13.2mm。価格143,000円(税込み)。 オンラインストア
セイコー プロスペックス SBDC141
《セイコー プロスペックス SBDC141》/ファブリックストラップが2本付属。駆動方式:自動巻(キャリバー6R35)。200m空気潜水用防水。外径:40.5mm(りゅうず含まず)、厚さ:13.2mm。価格137,500円(税込み)。 オンラインストア

《SBDC105》は、ベゼルやバーインデックス(文字盤の目盛り)はオリジナルを彷彿とさせながら、現代のビジネスシーンにもマッチするようにリメイクされており、腕元を洗練された印象に演出してくれる。村雨さんもその上質感に魅了された

セイコー プロスペックス SBDC105を着用する村雨辰剛さん

「メカニカル、200m潜水用防水という部分にも心が躍りますし、身に着けたときに気持ちが引き締まってやる気にスイッチが入るような感覚があります。

これを着けることで、エネルギッシュに1日のスタートを切れる気がします。カジュアルシーンにもビジネスシーンにもマッチするデザインも魅力的ですよね」

セイコー プロスペックス SBDC105を着用する村雨辰剛さん
衣装/シャツ(THE NORTH FACE)16,500円、問い合わせ先:ゴールドウイン カスタマーサービスセンター。

過酷な環境下で使用され、信頼性を実証し続けてきた〈セイコー プロスペックス〉のダイバーズウオッチ。多忙な日々を送りながらトレーニングにも励む、現代のタフなビジネスパーソンの腕を飾るのに最適な時計だと言えそうだ。

INFORMATION

〈セイコー プロスペックス〉公式サイト

セイコーウオッチお客様相談室 tel. 0120-061-012

〈セイコー プロスペックス〉の公式LINEアカウントでは、新着情報を発信中! 友達追加はコチラから!

取材・文/神津文人 撮影/井上桂佑 動画ディレクター/布村喜和 スタイリスト/高島聖子 ヘアメイクス/村田真弓 トレーニング監修/澤木一貴、佐々木優馬(SAWAKIGYM)