腹筋を割るために知っておきたい10のこと。
カラダの背面を鍛えるなら、ブリッジはいかが?
寝たままできる。シャキッと目覚めるためのストレッチ10選。
ジムで徹底的に美尻を磨き上げる。
加齢とともに気になる…。関節・骨の不安に「骨活トレーニング」
5種目30分でヒップアップを目指す!
ダイエット中の外食のコツ。
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
  • 公開:

収益金の一部で子どもの健全育成活動を支援。アシックスの100%リサイクル素材のエコバッグ

アシックスジャパンは、これまで廃棄処分されていた衣類を回収し再生されたリサイクル素材を100%採用したエコバッグ「GREENBAG(グリーンバッグ)」を、4月16日からアシックス直営店とアシックスウォーキングの全店で順次販売中。

GREENBAG(グリーンバッグ)
価格500円(税込み)

これからの季節に気持ち良くなるグリーンを基調に自然や人、スポーツのダイナミックさをライン表現したほか、100年間の気温の変化を視覚的にわかりやすく表したドットパターンでデザイン。縦38cm×横35cmとアシックスのシューズボックスがちょうど2個入る(横向きで入れた場合)サイズなので、結構な荷物が容れられるので重宝する。

これは、2019年に実施した、全国で回収したスポーツウェアを東京2020オリンピック・パラリンピックの日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアなどに再生する「ASICSREBORNWEARPROJECT(アシックスリボーンウェアプロジェクト)」の後継プロジェクト「REBORNBEYOND(リボーンビヨンド)」の一環として始まったもの。

アシックスのリボーンビヨンドプロジェクト

バッグの収益金の一部は、子どもの健全な育成を目的に特定非営利活動法人放課後NPOアフタースクールをパートナーとして実施している「OneFutureProject(ワンフューチャープロジェクト)」の活動にも活用していく。

一連のプロジェクトを継続すべくアシックス直営店全店、アシックスウォーキングの一部店舗では衣類回収ボックスを順次設置し、スポーツウエアを中心にブランドを問わず不要になった衣類を集めている。

その店頭の衣類回収ボックスも、洋服をリサイクルしたアップサイクルボード(※)で作られ、金具やプラスチックを一切使っていないエコ設計で再利用が可能。

モノのリサイクルだけでなく、モノから人、人からコミュニティへと共感の輪を広げ、将来世代に渡り子どもたちに健やかな地球を残すサイクルが、アシックスという私たちの足元で回り出した。

INFORMATION

アシックスジャパン株式会社

https://www.asics.com/jp/ja-jp/

お客様相談室 tel. 0120-068-806

※株式会社ショーエイコーポレーションの繊維ボード加工サービスの登録商標です。

文/本田賢一朗

Share
Share