親子丼と牛丼、カロリーが低いのは?
「有酸素×筋トレ」のメソッドで免疫力アップ
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
はじめてHIITをするなら【初級編】を!
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
  • 公開:

機能も申し分ない、グッドデザインな可変式ダンベル《NÜOBELL 232》|フィットネスの新・名品図鑑

知識と審美眼を持つ7名のご意見番と、『ターザン』の編集・ライター陣がフィットネスの「新・名品」を選定! トレーニング器具をメインに、カラダの基礎を作るうえで欠かせないライフスタイル用品まで、幅広いジャンルの商品をピックアップ。今回紹介するのは、可変式ダンベル《NÜOBELL 232》。

Share

可変式の弱点を克服した、グッドデザイン。

あなたは可変式派?or固定式派? 家にトレーニングルームがない多くの人にとってダンベル選びは究極の選択だ。

言わずもがな、可変式の方が取り組めるトレーニングも幅広い。ただ、部品をバラすのは面倒だし、部屋も散らかるのでと後者を選ぶ人もいるのが実情。しかし、今回の選定メンバー間でこの議論に終止符を打つ夢のような一品がついに決定した。

それが、〈FLEXBELL〉の《ヌオーベル232》だ。

FLEXBELLのNÜOBELL 232
重量は2kg刻みで32kgまで16段階。〈ライシン〉限定カラーは、完売後も随時入荷される予定。本体の長さ:43.5cm、台座を含むサイズ:H18×W48×D19cm。32,400円、問い合わせ先/ライシン tel. 0282-25-7534。

手間な重りの付け外しは一切いらない画期的なシステム。握ったシャフトを回して、2kgから32kgまで16段階の目盛りに合わせるだけでセットは完了。

そのまま台座から持ち上げれば希望の重量に。残りの重りはビシッと台座に陳列されたままで、トレーニング後は台座に戻すだけ。片付けなんて概念はなし。片手でパッと重量変更できるので、ハイレベルなドロップセットトレーニングにも最適だ。

HOW TO USE:
FLEXBELLのNÜOBELL 232

グリップ部分には、滑りにくいローレット加工が施されている。最後の追い込みも安心。

もう一段こだわりたいなら、WEBショップ〈ライシン〉の限定カラーを推薦したい。アーミーグリーンのダンベルを握って筋トレに勤しむ姿は、まるで軍人さながらであろう。「よし、やろう」とヤル気のスイッチになりうるかどうかも、フィットネスの道具選びでは重要な視点。気付いた時には、きっと屈強なボディを手に入れているはずだ。

photos: Yoshio Kato styling: Takeshi Toyoshima illustration: Yoshifumi Takeda text: Ryo Ishii, Fumihito Kouzu, Kyosuke Nitta, Keiichiro Miyata
新・名品選定委員会/荒金大典、井上健二、齊藤邦秀、土井地博、豊島猛、美才治真澄、三浦香織

初出『Tarzan』No.808・2021年4月8日発売

Share