• 公開:

実体験から感じる「関節ケア」の大切さ(松下▽さん)

Share

皆さん、こんにちは! 筋肉タレント/パーソナルトレーナー/スタイリッシュボディービルダーの松下▽(まつした・ぎゃくさんかっけい)です!

ポーズを決める松下さん

以前も触れましたが、僕は2年前から左肩を傷めていて、胸のトレーニングでは常に激痛との共存でした。

当初、半年間は胸トレをやればどの種目でも左腕が痺れ、腕トレのカール系でさえ痺れ、本当に最悪の状況でした。休ませても、電気治療などをしても、なかなか良くならず…。

トレーニング前の入念なストレッチ、痛み止めの服用も気休め程度。ここ2年間は重量を扱うことが一度たりとも出来ず、かなりストレスになっていました…。

傷みはまだあるものの、今日はいつぶりかにベンチプレスを100kg以上で5セット組むことができました!

トレーニング歴1年の頃と同じ強度なのは悲しいですが(笑)、それを上回る嬉しさ!!

次回以降、浮かれて悪化させぬよう、我慢して徐々にアクセルを踏んでいきます!!!

僕の怪我は休ませても完治は難しいと思われるので、こうして騙し騙し上手く付き合っていかなくてはなりません。

トレーニングで効果ばかりを追い求めないこと。

筋トレをしていると致命傷級の怪我がそのうちやってくるもの。種目選びに「効き」ばかり追求して「関節への負担」を無視しないように、是非、その2つのバランスを考えてください。

自分は大丈夫!まだ痛くないから大丈夫でしょ!みたいなバイアスは直ぐに捨ててください。僕の二の舞になります、ホントに。種目、グリップ 、頻度など、しっかりとヘッジして日々のトレーニングを行なってください!

(過去にやっていたスポーツの影響などでどこかの部位が怪我をしやすいなど、不運なパターンもありますが…)

今回も、撮影協力は僕がパーソナルトレーナーを務めるパーソナルトレーニングジム「エステフィット自由が丘」でした!

Instagramもよろしくお願い致します!

「筋肉はカッコイイ▽」


Share