ダイエット中の外食のコツ。
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
公園&階段を活用したHIITで全身の脂肪を燃やす。
運動の「やり過ぎ」で免疫が下がる⁉︎
自宅で静かにできるHIITで脂肪燃焼&筋肉強化!
朝一番のストレッチでカラダを目覚めさせる。
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
  • 公開:

特集は「疲労回復 TIPS 65」。10月8日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.797)

「寝る」と「食べる」をアップデートして、カラダを立て直す!『ターザン』797号(2020年10月8日発売)の特集は「疲労回復 TIPS 65」。

購入はこちらから。

スカッとするような出来事がなくて、春が来ても、夏が来ても、秋が来ても疲ればかりが溜まっていく。あ〜、とにかくスッキリしたい!

疲弊したカラダと心を立て直すには、生活の根幹にある「寝る」と「食べる」を科学的にアップデートするのが近道。

  • 20分のパワーナップで「睡眠負債」を解消。
  • ビタミンACE +イミダペプチドで「体内酸化」を防ぐ。
  • 短鎖脂肪酸で「大腸劣化」を改善する。
  • 疲れの発火点「トリガーポイント」リリース。

などなど、今すぐできる65のTIPSを紹介。1つだけでもTIPを取り入れたら、明日はきっと今日より体調がいいはず。すっきり疲労回復してください!

「寝る」と「食べる」をアップデートして、軽快に2020年のラストスパート!

1/20
雑誌『ターザン』797号の誌面
あなたはどれくらい疲れている? 疲れはカラダに現れる、でも正確に自覚するのは難しい。ならば、まずはセルフチェックでカラダの定点観測をしてみよう。テストを行って、全体的な疲労レベルを自覚すべし!(本誌P10掲載)

雑誌『ターザン』797号の誌面
思わずつぶやく「あ〜、疲れた…」。でもその疲労の正体ってなんだろう? どうして人間は疲れるのか? 頑張る男子“くすぶりくん”の漫画と、疲労の専門家・梶本先生の解説でその謎を解き明かそう。(本誌14P掲載)

雑誌『ターザン』797号の誌面
睡眠リズムが乱れていては、いつまで経っても疲労は抜けない。睡眠をグレードアップする昼・夜・朝の過ごし方、睡眠環境の整え方を知ろう。(本誌P20掲載)

雑誌『ターザン』797号の誌面
毎日の食事が明暗を分ける。「疲れない食べ方」をしっかり学ぼう。例えば「サーロインステーキ VS 豚しゃぶ」「かけうどん VS トマトソーススパゲティ」疲労回復的に選びたい食事はどっち?(本誌P28掲載)

雑誌『ターザン』797号の誌面
カラダの疲れの原因を生み出す、トリガーポイントをリリースしよう。人体の表層と深層を縦横に巡るアナトミートレイン、その渋滞を緩和すれば疲れは解消できる!(本誌P49掲載)

雑誌『ターザン』797号の誌面
俺の辞書に「冷え」はない、とうそぶいているあなた。抜けきれないその疲れ、実は冷えのせいかも。実は密接な関係があった「冷えと疲労」について知っておこう(本誌P82掲載)

797tachiyomi07雑誌『ターザン』797号の誌面
夢のMYマッサージチェア。ただそれなりに高額なアイテムだから、購入前には各種を吟味したいもの。そこで、人気メーカーの今の売れ筋を“松・竹・梅”の価格別にご紹介!(本誌P90掲載)

10/8(木)発売・797号の表紙はこちら!

雑誌『ターザン』797号の表紙
『ターザン』797号(特別定価650円)

立ち読み動画もどうぞ!

購入はこちらから。

文/編集部

Share
Share