• ヨガとピラティスで違う! 専門家に聞いて選んだ5枚の専用マット
TRAINING
2020.10.24

ヨガとピラティスで違う! 専門家に聞いて選んだ5枚の専用マット

p50_0

ヨガもピラティスも本腰を入れて自宅で行うなら、専用のマットを用意したい。どのようなポイントで選べばよいのか、専門家にポイントを聞いて5つのマットを厳選した。

まずはヨガマットの選び方から。

「初心者はレンタルでも十分ですが、ハマってきたら5,000~6,000円台のものがおすすめ。1,000円以下のものもありますが劣化が早いのは否めません。最近はなど一風変わった素材も人気ですし、環境への配慮から従来のポリ塩化ビニール(PVC)ではなく熱可塑性エラストマー(TPE)などのエコ素材を選ぶ方も増えています。1kg以下のものが持ち運びやすいですよ」(東京ヨガウエア2.0の内堀隆さん)

一方のピラティスマットは?

「商品数は少ないのですが、ピラティスは背骨を意識する動作が多いため、7~12mm程度の厚みがある、滑りにくいタイプを選びましょう」(ピラティストレーナー・菅原順二さん)

ターザン厳選・ヨガ&ピラティスマット5選。

ヨガマット

① Yoga Pilates190(エアレックス)

  • 重さ:1,400g
  • 厚さ:8mm
  • 素材:PVC

全長190cm、厚さ8mmながら丸めて収納が可。ピラティスエクササイズ時に関節へのストレスを軽減する設計。15,300円(税抜)。サンワトレーディング

② ピラティスマット12mm(ヨガワークス)

  • 重さ:1,600g
  • 厚さ:12mm
  • 素材:NBR

12mmマットで、ピラティスの静止、ローリングポーズで体重を吸収し、カラダへの負担を軽減。丸めてもシワになりにくい。5,000円(税抜)。ヨガワークス

③ HDエコマットプラス(スリア)

  • 重さ:900g
  • 厚さ:4mm
  • 素材:TPE

持ち運びに適した重さ0.9kgのヨガマット。環境にやさしいTPE素材を使用し、ホットヨガでも問題なく使える。初のマイマットに。5,800円(税抜)。スリア

④ ブラックマットPRO(マンドゥカ)

  • 重さ:3,400g
  • 厚さ:6mm
  • 素材:PVC

最高級の快適性とクッション性。パフォーマンスと耐久性を兼ね備えた、アスリートも愛用する重厚感溢れるハイエンドなマット。17,500円(税抜)。マンドゥカ

⑤ 畳ヨガ アースNV

  • 重さ:1,700g
  • 厚さ:6mm
  • 素材:熊本産イグサ×PVC

抗菌、消臭効果も期待できる「い草」を使ったヨガマット。裏面はPVC素材。リラックス系のポーズに最適。9,800円(税抜)。イケヒコ・コーポレーション

取材・文/黒田創 撮影/黒川ひろみ

初出『Tarzan』No.796・2020年9月24日発売

Special