• 「献立を“時間帯”で変えて体型維持」ヨギー・tsukiさん|ヨギー&ピラティーのごはん事情
WOMAN
2020.10.19

「献立を“時間帯”で変えて体型維持」ヨギー・tsukiさん|ヨギー&ピラティーのごはん事情

tsuki(つき)さん
tsuki(つき)/1993年生まれ。ヨガ歴10年。JYIA、全米ヨガアライアンスRYT200やNESTAのパーソナルトレーナーなど資格多数。ヨガのほか、ウェイトトレや水泳などもルーティン。

美ボディを誇るヨギー&ピラティーは日々どんな食事を? 食生活からその秘訣を探る。今回は、ヨガのほかウェイトトレや水泳などもルーティン化しているというtsukiさんの食事を拝見。

食のリズムを自分なりに確立して太りにくいカラダに。

大学や企業などでヨガを教えるほか、オンラインヨガコミュニティを運営するtsukiさん。お母さんが料理研究家で、自身も作るのも食べるのも大好きだそう。

「前に遺伝子検査を受けると、糖質と脂質を代謝しづらい体質で。パンもチョコも大好物なのに(笑)」

tsukiさん全身

それ以降、食事の献立を食べる時間帯とあわせて考えるように。

「スイーツを食べるなら15時までに。夕食を早く食べられる時はパスタなどの麺類もOKとします」

食事制限はあくまでゆるやかに。

「甘いものを食べるならフルーツやお芋、秋は栗など素材を味わえるものを選びます。あとは体型維持には良質な睡眠が私にはマスト。ぐっすり眠れるよう、夕食が遅くなる時は消化のいいスープに」

tsukiさんの食事を拝見!

1/20
tsukiさんの食事①

甘いものを欲したら旬のフルーツや家に常備するドライフルーツなどを。

tsukiさんの食事②

朝食はタンパク質が不可欠。この日は玉子焼きやサラダの鶏ハム。

tsukiさんの食事③

夕食が20時を過ぎる日は野菜たっぷりのスープが定番。野菜のなかでもよく使うのはトマト。

取材・文/門上奈央 撮影/北尾渉

Special