• アシックス《ゲルパルス12》と《ゲルワンダー》。コスパに優れた2足、どちらを選ぶか悩ましい…
RUN
2020.09.24
promotion

アシックス《ゲルパルス12》と《ゲルワンダー》。コスパに優れた2足、どちらを選ぶか悩ましい…

アシックスのランニングシューズ《ゲルパルス12》とウォーキングシューズ《ゲルワンダー》

アシックスの《ゲルパルス12》と《ゲルワンダー》。クッション性が高く、コストパフォーマンスに優れた2足は、どちらもABCマート限定で展開となるモデル。あなたのライフスタイルにマッチするのはどちらのシューズだろうか。

新型コロナウイルスの流行を受けて、一時はスポーツジムもクローズしていた。またテレワークの推奨により、自宅作業が増えた人も多い。そんな状況下にあり、運動不足を感じ、その解消のためにランニングやウォーキングを始める人が増えている。

ランニングもウォーキングも、シューズさえ購入すればすぐに始められる運動だ。場所を選ばないし、特別なスポーツ経験も必要ない。脂肪燃焼効果が高く、ダイエットを目指す人にも適している。もちろん“密”も避けられる。

運動不足解消には“GEL”搭載シューズを選びたい。

シューズさえあれば良いお手軽なものだけに、唯一必要なシューズ選びは慎重に行いたい。ランニングやウォーキングを継続する最大のコツは、ケガをしないこと。ケガの予防には、クッション性の高いシューズを履くことが有効な手段の1つとなる。特にランニングの際の着地衝撃は、体重の3倍以上だと言われるだけに、可能な限りそれを緩衝する必要がある。

アシックスのランニングシューズ《ゲルパルス12》とウォーキングシューズ《ゲルワンダー》
左が初心者にもやさしいランニングシューズ《ゲルパルス12》。右がビジネスシーンから普段使いまで、さまざまなシーンに対応するウォーキングシューズ《ゲルワンダー》。どちらも衝撃緩衝材“GEL”が踵部に搭載されている。

衝撃緩衝材の“GEL”を搭載したシューズであれば不安も少なく足を任せることができる。1986年に初めてGELを採用したランニングシューズが登場して以来、進化を続けながら多くのランナーの足を守ってきた歴史があるからだ。

そのGELをビジブルで搭載した《ゲルパルス12》と《ゲルワンダー》は、クッション性の高さを主張したモデル。これからランニングやウォーキングを始めようと思っている人におすすめのシューズだといえる。

この秋、走り始めるなら《ゲルパルス12》。

《ゲルパルス》シリーズは日本国内ではABCマート限定展開となる、エントリーランナー向けのモデル。バランスよく基本性能を押さえつつ、クッション性能に優れているのが特徴だ。踵部分にはGELを大容量で搭載している。

ランニングシューズ《ゲルパルス12》
アシックス《ゲルパルス12》。ビギナーランナーの足にやさしいクッショニングモデル。メンズサイズ:25.0cm〜29.0cm、30cm、レディースサイズ:22.5cm〜25.5cm。エキストラワイドラストの展開あり。9,900円(税込)。

前作《ゲルパルス11》のときに改良され、ランナーからの評判が良いラスト(靴型)を、今作でも採用している。アッパーのエンジニアードメッシュはパターンが変更され、通気性とフィット感が向上。ルックスはよりシンプルに仕上げられている。これならタウンユースも可能だろう。

ランニングシューズ《ゲルパルス12》のアッパー
《ゲルパルス12》のアッパー。通気性とフィット感向上のため、新たなメッシュのパターンを採用。これにより従来の製品よりもムレにくく足をドライに保ってくれるので、気持ちよく走り続けることができる。
《ゲルパルス12》のアウトソール
《ゲルパルス12》のアウトソール。ヒールプラグにはアシックスの技術である「AHARPLUSテクノロジー」を搭載。シューズの保護に優れたコンパウンド(原料ゴムの配合)とグリップ機能を維持しつつもシューズの耐久性を向上させている。

ミッドソールに採用されているのは、AMPLIFOAMという素材。一般的なランニングシューズに使われるEVAよりもクッション性に優れ、もちろんGELとの相性もいい。足に心地よくフィットし、着地衝撃から守ってくれる《ゲルパルス12》があれば、楽しいランニングライフが送れるはずだ。

カラーバリエーション

1/20

メンズ:BK/BK

アシックス《ゲルパルス12》
《ゲルパルス12》価格9,900円(税込)

メンズ:W/BK

アシックス《ゲルパルス12》
《ゲルパルス12》価格9,900円(税込)

メンズ:FRYR/CLSR

アシックス《ゲルパルス12》
《ゲルパルス12》価格9,900円(税込)

メンズ:BK/W

アシックス《ゲルパルス12》
《ゲルパルス12》価格9,900円(税込)

メンズ:BK/BK

《ゲルパルス12 G-TX》
《ゲルパルス12 G-TX(防水)》価格10,450円(税込)

レディース:W/GIPC

アシックス《ゲルパルス12》
《ゲルパルス12》価格9,900円(税込)

レディース:BK/W

アシックス《ゲルパルス12》
《ゲルパルス12》価格9,900円(税込)

レディース:GRAGR/GRAG

《ゲルパルス12 G-TX》
《ゲルパルス12 G-TX(防水)》価格10,450円(税込)

ターザン×ゲルパルス・スペシャルムービーはこちら!

軽やかに歩くなら《ゲルワンダー》をチョイス。

オン・オフ兼用できるウォーキングシューズとして、2020年にデビューした《ゲルワンダー》。踵部外側寄りに着地衝撃を緩衝するためのGELを搭載。アウトソールには大きな屈曲溝(フレックスカーブ)を採用しているので、自然な足の動きでスムーズに歩くことができる。

ウォーキングシューズ《ゲルワンダー》
アシックス《ゲルワンダー》。快適に歩くための機能が満載されたウォーキングシューズ。メンズサイズ:24.5〜28.0cm、29cm、レディースサイズ:22.5cm〜25cm。9,680円。

また、インナーソールにはクッション性を備えたオーソライト中敷を搭載。つま先部分の裏側には消臭効果のある「MOFF」を使用している。アッパーは手入れがしやすい人工皮革製。履き口の内側はサイドゴム仕様になっているため、脱ぎ履きが容易だ。

ウォーキングシューズ《ゲルワンダー》のアッパー
《ゲルワンダー》のアッパー。素材は人工皮革製なので、ビジネスでも普段使いでも心置きなくヘビーユーズすることができる。幅の広い靴型を採用しながらも、スマートなフォルムにデザインされている。
《ゲルワンダー》のアウトソール
《ゲルワンダー》のアウトソール。屈曲溝が設けられており、ウォーキング時に足裏に沿って曲げやすく、自然な歩行が可能となる。またインナーソールにはランニングシューズなどにも採用される「オーソライト中敷」を搭載。また特にムレが気になるつま先部には、消臭繊維「MOFF」が使用されている。

歩き心地は快適で、脱ぎ履きがしやすい、そしてオン・オフに対応したデザイン。玄関に置いておけばついつい足が伸びるので、自然と歩く距離、歩数が増えるだろう。

カラーバリエーション

1/20

メンズ:ブラック

アシックス《ゲルワンダー》
《ゲルワンダー》価格9,680円(税込)

メンズ:ミッドナイト

アシックス《ゲルワンダー》
《ゲルワンダー》価格9,680円(税込)

メンズ:キャメル

アシックス《ゲルワンダー》
《ゲルワンダー》価格9,680円(税込)

メンズ:レッドブラウン

アシックス《ゲルワンダー》
《ゲルワンダー》価格9,680円(税込)

レディース:ピーコート

アシックス《ゲルワンダー》
《ゲルワンダー》価格9,680円(税込)

レディース:ワイン

アシックス《ゲルワンダー》
《ゲルワンダー》価格9,680円(税込)

ターザン×ゲルワンダー・スペシャルムービーはこちら!


どちらも日本人の足を見続けてきた〈アシックス〉の技術が搭載されている《ゲルパルス12》と《ゲルワンダー》。1万円以下から購入できるコスパの良さも相まって、一念発起してランニングを始めるか、普段のウォーキングを強化するか、はたまた両方手に入れてしまって臨機応変にカロリー消費を狙うか、非常に悩ましいところである…。

しかしいずれを選ぶにせよ、運動不足と真剣に向き合う人にとって、最高のパートナーとなるだろう。衝撃緩衝をサポートしてくれるGELを使い倒して、この秋、快適なフィットネスライフを始めよう。

INFORMATION

ABC-MART

tel. 03-3476-5448

www.abc-mart.net

取材・文/神津文人 撮影(写真)/角戸菜摘 スタイリスト/高島聖子 ヘアメイク/天野誠吾 動画ディレクター/友野眞帆 撮影(動画)/五十嵐隆裕(SIGNO) モーショングラフィックス/広浦直人(SAZABI Inc)

Special