• 女優・秋元才加さんは「カラダが硬くなったら、すぐに“ほぐピラ”」
CONDITIONING
2020.09.18

女優・秋元才加さんは「カラダが硬くなったら、すぐに“ほぐピラ”」

202009101005

休む間もなく身と心を酷使しているように見える5人に聞いた、体力&気力回復メソッド。今回は、AKB48卒業後もドラマや舞台などで活躍する女優の秋元才加さんです。

いい演技のために、暇さえあればほぐして動かす。

「リセットやリカバリーって大切だなと実感するようになったのは、10年くらい前にミュージカルの舞台に立ってから。毎日ちゃんと整えないと長丁場は乗り切れない。それはテレビでも映画でも同じで、カラダがこわばったまま演じても思うような演技ができないし、いい表情も作れないんです」

そう話す秋元才加さん。少しカラダが硬くなったと感じたら、トレーナー・星野由香さん直伝のほぐして動かすメソッド「ほぐピラ」で全身を満遍なく緩めていくという。

1/20
可動域向上ストレッチ

「暇さえあればストレッチしています」。絶えず全身を伸ばしているとか。こうして壁を使い肩甲骨を動かし、肩や胸の可動域を広げる。

背中フォームローラー

「疲れると背中がバキバキになります」。角度をつけた状態でフォームローラーで背中全体をほぐす。左右に揺らすとさらに効果的。

鍼型美容ローラーで肌マッサージ

鍼型美容ローラーで肌マッサージ。「腕や内腿、尻や足など結構気持ちいいし、肌が締まります。エクササイズの仕上げはこれです」。

足裏ほぐし

「高めのヒールを履くことが多いので、足裏マッサージは欠かせませんね」。家で動画や映画を見ながら気がつけばやっているとか。

前腕部をコロコロ

フォームローラーにはこんな使い方も。「特にキーボードを使うと前腕って相当凝っています。皆さんにもぜひやってほしいですね」。

二の腕にローラー

ブロックにローラーを置き、脇の下や二の腕を当て前後左右に動く。「肩まわりが楽になります。これをやるといかり肩になっていたのがストンと下がる。それだけこわばっていた証拠ですね」。

秋元さんの必需品

秋元さんの必需品。グリッド付きフォームローラーに角度をつける発泡スチロール製ブロック、マッサージボール、鍼型美容ローラー。

呼吸を改善したら疲れが取れやすくなった。

「あとは呼吸法。ボイストレーニングで、自分が全然息を深く吐けていないことに気づいたんです。息を吐き切れば自然と息は入ってくるし、それは自律神経が整ったりカラダの力を抜くことにもつながる。以来呼吸を意識し始めたら疲れが取れやすくなって、何より寝つきがよくなりました」

ほぐピラと呼吸法のおかげで、カラダの力みがうまく抜けるようになり、緊張もしなくなったという。

「丹田に意識がストンと落ちていくのを感じられるようになり、どんな現場でもどっしり構えられるようになりました。いかにリセットできるかでパフォーマンスは変えられるんだなって」

6月にラッパーのPUNPEEさんと結婚。二人でトレーニングの話をすることも多いとか。

「私は体幹トレーニングが中心で、彼もライブ前は持久力アップのために鍛えているので“こうやるといいんじゃない?”ってアドバイスしてますよ」

秋元才加さんのリセットルール
  1. 「ほぐピラ」で全身入念にほぐしていく。
  2. 呼吸は吐くことを意識。それが快眠につながる。
  3. リセットが落ち着きを作り、より成長できる。

取材・文/黒田創 撮影/北尾渉 スタイリスト/三島和也(tatanca)

初出『Tarzan』No.794・2020年8月27日発売

Special