• 「いいシューズとの出合いが、自分を高みへ連れていってくれる」レスリング選手・太田忍
COLUMN
2020.09.13

「いいシューズとの出合いが、自分を高みへ連れていってくれる」レスリング選手・太田忍

レスリング選手・太田忍

レスリング・グレコローマンスタイルの国内屈指の実力者である太田忍選手が愛用する〈アシックス〉のシューズは、何といっても鮮やかなゴールドがまず目を引く。

レスリング選手・太田忍
太田忍(おおた・しのぶ)/1993年、青森県生まれ。日本体育大学出身、ALSOK所属。2016年リオデジャネイロ五輪のグレコローマンスタイル59kg級で銀メダル、19年には同63kg級で世界選手権初優勝。

「常に1番を目指すという思いを込めて。リオ五輪以降このデザインにこだわり続けたことでレスリング界では“金色のシューズといえば太田”というイメージが定着しましたし、また60kg級で東京五輪代表に内定している長年のライバル、文田健一郎選手に勝った試合で履いていたという点でも思い出深い一足。

苦楽を共にしながら闘ってきたシューズは自分にとって相棒以上の存在。“いいシューズはいい場所に連れていってくれるもの”だと思っています」

レスリング選手・太田忍
〈アシックス〉のレスリングシューズ《JB ELITE III》は、5度世界一に輝いたジョーダン・バローズ選手のシグネチャーコレクションで、現在市販されている《JB ELITE IV》の前型モデル。フィットしたシューズを大切にする太田選手はかなりの足数を購入してストックしてあるとか。

もちろん機能面にも絶大な信頼を置く。

「フリースタイルと違ってグレコローマンは上半身だけでの攻防ですので、より二本足での踏ん張りが大事と言いますか、マットから下半身への力の伝達が重要になってくるのでグリップに優れたシューズが重宝するんです。これは特に踵内側のグリップがしっかりしているので得意な“ガブリ返し”を仕掛ける時にすごく生きてきますね」

余談だが、実は太田選手には試合に臨むうえでもう一つ大切にしているものがある。

「レスリング選手はシングレットの中に止血用のハンカチを忍ばせるのですが、僕は高校の頃に姉が“五輪に一緒に行こう”とメッセージを書いてくれた白いハンカチを今でも使っています。東京五輪の出場権は得られませんでしたが、現役選手でいる間はそのハンカチをずっと使うつもりです」

text: Kai Tokuhara photo: Yuichi Sugita illustration: Shinji Abe

初出『Tarzan』No.794・2020年8月27日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。