• 30秒で自分の動けるレベルを再確認!【ええやんトレ・クッション/枕編】
TRAINING
2020.07.25

30秒で自分の動けるレベルを再確認!【ええやんトレ・クッション/枕編】

202007180649

自宅トレの需要が高まり、ダンベルをはじめとする筋トレ道具は売り切れ続出。おまけに自体重トレはワンパターンで、もはやネタ切れ。ならば"自宅ギア"を活用して楽しくマンネリ防止しよう。

おこもり生活での自体重トレはワンパターンで、もはやネタ切れ…。そんなトレーニーのためにパーソナルトレーナー中野ひろゆきさんが考案してくれたのが"ええやん"トレ。

「正直、自体重トレって面倒だしおもんないですよね。だから続かない。自宅にあるもので工夫して、楽しく鍛えようというのが狙いです」

"ええやん"トレは、カラダにかかる負荷が小さいレベル1からレベル5まで、徐々に運動強度が上がる仕組み。使うものはクッション、うちわ、ハンガー、エコバッグ、スーツケースなどで、水や米袋など、中に入れるもので重りの調整もできる。

「トレーニング時間が30分取れる日はレベル1〜5を通しで。友人とオンライントレを楽しむなら3、4を。お子さんと一緒なら1、2にトライ! そんなふうに使い分けして楽しんでもらいたいと思います」


【自宅ギアをフル活用! 脱げるカラダのためのええやんトレ】


レベル1|フィットネスで遊ぼう。(ITEM:クッション/枕)

リアキャッチ

1/20
リアキャッチ ①
クッションの隅を持ち、頭の後ろにセット。
リアキャッチ ②
両手をパッと離してすぐに下から手を回し、腰の後ろでキャッチする。
リアキャッチ ③
肩甲骨まわりの筋肉が固まっていると、これが意外と難しい。30秒で何回できるか挑戦してみよう。

オーバーヘッドローテーション

オーバーヘッドローテーション
クッションを横にして挟むように持ち、頭の上へ。両肘は軽く曲げてOK。頭の上で円を描くように、両腕をぐるりと大きく回す。左回し15秒、右回し15秒。腕だけ動かすのではなく、必ず肩甲骨から大きく動かすイメージで。

ヒップリフト

1/20
ヒップリフト ①
膝を立てて仰向けになり、両膝の間にクッションを挟む。両手は床につき、カラダを支える。
ヒップリフト ②
その状態からお尻を上げ、肩から膝を一直線に。クッションを落とさないように内腿でギュッと締めながら行うこと。これを30秒。

クランチパス

1/20
クランチパス ①
両手両脚を伸ばして仰向けになり、クッションを縦にして両手で挟む。
クランチパス ②
腹筋を使って両脚を上げると同時に、上体を起こして手から足へとクッションをパス。
クランチパス ③
一度手脚を伸ばし、巻き戻しの要領で再び手にパス。30秒で何回できる?
教えてくれた人
中野ひろゆきさん
中野ひろゆきさん/大阪・堀江のパーソナルトレーニングスタジオ〈OSAKA FITNESS HUB〉代表。15歳から8年間カナダに留学し、CJFLで日本人初のジュニアプロ選手として活躍。最近は『ニュースほっと関西』(NHK)で「コロナに負けない! ええやん体操」に出演。

取材・文/黒澤祐美 撮影/Satoru Nakagawa イラストレーション/石山好宏 監修/中野ひろゆき

(初出『Tarzan』No.791・2020年7月9日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。