• 夏の快眠へ導くのはタオルケット? それとも、ガーゼケット?
CONDITIONING
2020.06.21

夏の快眠へ導くのはタオルケット? それとも、ガーゼケット?

タオルケット

そろそろ寝る際には掛け布団ではなくタオルケットがちょうどいい季節。この手の物は一度購入するとそう買い替える機会はないけど、こんな商品を知ると思わず購入ボタンをポチりたくなる。日本が誇る寝具メーカー、西川の「ケット」代表作2種だ。

① 従来のケットよりもクールに眠れます。

エアブリーズケット
《エアブリーズケット》今治のメーカーとの共同開発品。一般的なタオルケットに比べ約2倍のハリ感を持たせることでカラダとケットの間に隙間ができ、蒸れやベタつきを軽減。まとわりつきにくく、熱もこもらないため爽やかに眠れる。ミドルタイプ10,000円。

まずはタオルケットの《エアブリーズケット》。カラダに掛けるとわかるが、普通のタオルケットのようにクシャッとならずパリッとしている。だから寝返りを打ってもカラダにまとわりつかず、通気性もいいため湿気が逃げやすく、熱もこもりにくい。寝苦しい真夏に適したケットだ。

② ワッフルのふんわり感が安眠を促してくれる。

さらおりガーゼケット
《さらおりガーゼケット》ウール素材で肌に優しいガーゼ織りタイプ。コットンよりも吸放湿性に優れ、内部で湿度を調整する。こちらもカラダとケットの間に隙間ができるので不快感なし。ワッフルガーゼタイプ13,000円。

続いて少し毛色の異なる《さらおりガーゼケット》。その名の通りふんわりと軽い感触でモコッとしているが、素材がウールというのがミソ。ケットが湿気を吸って放出するため、カラダに巻きつけて寝ても肌は一晩中サラサラだ。

ケットひとつで夏の睡眠レベルは段違いになること間違いなし。新調しよっかな!

INFORMATION

西川 tel. 0120-368161

取材・文/黒田 創

初出『Tarzan』No.789・2020年6月11日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。