健康診断前日の筋トレはNG。
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
はじめてHIITをするなら【初級編】を!
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
糖質オフするなら餃子よりシューマイ。
冷えを感じたら、20の「温活」でポカポカ。
寝る前のストレッチで、疲れを解消。
  • 公開:

トレーニングにはオフ日こそ重要なんです!(松下▽さん)

Share

皆さん、こんにちは!

筋肉タレント・パーソナルトレーナー・スタイリッシュボディービルダーの松下▽(まつした・ぎゃくさんかっけい)です!

松下▽(まつした・ぎゃくさんかっけい)さん

※これはかつて久しぶりに海に行った際に、景色そっちのけでポージングを始めた哀れな男の背中です。カメラの角度など固定して撮って、固定して撮っての繰り返しです。byマネージャー


トレーニングができず、ストレスを感じていませんか?

臨時閉館などを採るジムが増え、トレーニングの機会を失っている方もおられるかと思います。

トレーニングができない、もしくは頻度が落ちていることに対して、ストレスを感じている方にぜひ伝えたいことがあります。

僕も昔はオフが怖くて週10回くらいトレーニングをしていました。笑

ガムシャラにやれば伸びると思っていたことと、何より「筋肉は休んでいるときに成長する」という大原則を心得ていなかった為に仕出かしてしまった大失態です。

オフをとらないデメリット
  • 関節に負担がかかり強度も伸び悩む
  • トレーニングで行なった筋破壊の回復が追いつかず、成長効率を落とす

むしろトレーニングはノンストップで行わず、オフを設けるべきなのです。

僕も今は2日ON→1日OFF、と3日に1回はオフ日を設けています。

実際、オフを設けてから成長が加速した体感があります。

ピンチはチャンスです!

ストレスはボディメイクの敵。

(ストレスはコルチゾールというホルモンを分泌。コルチゾールは筋肉を異化する作用を持つ)

松下▽(ぎゃくさんかっけい)さん

※これはトレーニングに負荷をかけ過ぎて這ってでしか動けなくなった哀れな男の図です。byマネージャー

この機会、攻めのオフだと思って皆さんも休んでみてはいかがでしょうか?

「筋肉はカッコイイ▽」


Share