• 無敗の戦績を誇るのは、筋トレの成果|筋肉図鑑 vol.17(総合格闘家・渡辺華奈)
COLUMN
2020.01.24

無敗の戦績を誇るのは、筋トレの成果|筋肉図鑑 vol.17(総合格闘家・渡辺華奈)

総合格闘家・渡辺華奈

トレーニングの軌跡を偽りなく物語るもの、それが筋肉だ。『筋肉図鑑』では、さまざまなトレーニーの筋肉の裏側に迫ります。第17回は8勝1分けと無敗の戦績を誇る、総合格闘家の渡辺華奈さん。

【今回の筋肉】渡辺華奈
総合格闘家・渡辺華奈
身長167cm、体重61.3kg、体脂肪率16.6%、骨格筋量28.7kg。1988年生まれ。2017年に総合格闘家デビュー。FIGHTER’S FLOW所属。8勝1分けで現在無敗の記録を更新中。7歳から21年間続けた柔道でも功績を残し、柔道全日本強化指定選手としても活躍した。

総合格闘技や20年以上続けた柔道のせいか肩から腕にかけては強い方ですね。でも筋肉を部位ごとに分けて鍛えたり、短時間で効率的に鍛えるような筋トレは未経験です。

筋トレを始めたのは大学に入学した頃。7歳から柔道一筋でしたが、練習メニューに筋トレが組み込まれたのはその時が初めてでした。筋トレを始めてから出力できるパワーが格段に変わりレベルが底上げされました。

その後、柔道で階級を63kgから57kgに落とす時に、減量してカラダをつくりなおすことを決め、その頃からジムに通ってます。

総合格闘家・渡辺華奈
渡辺華奈さんの【三角筋~上腕二頭筋】/「総合格闘技でも組み合う時に力をすごく使う部位です」。ダンベルを使うショルダープレスやアームカールなどが定番。

2年前に柔道家から総合格闘家になり、筋トレでは筋持久系のメニューを増やしました。週6日、格闘技の練習をした後で筋トレをやります。時間はそれぞれ2時間半くらいですね。長時間になるので運動中のBCAAは欠かせません。あと、毎日必ず8時間は寝てます!

総合格闘家・渡辺華奈
渡辺華奈さんの【広背筋】/「柔道家は背中が大きい人が多い。昔から強いんです」。懸垂からデッドリフト、ラットプルダウンなどで多角的に鍛える。

“総合”に移ってから体格が変わったのは食事が大きいかも。初めて減量を経験するまではおぞましい食生活でした。ラーメンや柿ピーが好物で、タンパク質の量もテキトー。

でも今ではタンパク質は毎日120g摂り、1日の摂取カロリーは1日の消費カロリーをしっかり計算して太らないよう気をつけてます。この食生活になってからカラダの疲労感が全然違うんで、肉と野菜だけ食べて生きていきたいっす。あ、でも…柿ピーはたまに食べたいな(笑)。

総合格闘家・渡辺華奈
渡辺華奈さんの【内転筋&大腿四頭筋】/「下半身は一番鍛えてる部位」。ランや重めのギアで漕ぐバイクのほかスクワット、ランジ、レッグプレスなどでがっつりと。

30歳を越えているので選手生命を第一に考えたくて。競技者でありたいという思いが強いです。目標に向けて常に一生懸命頑張ってたい。綺麗ごとではなくそれ以外の生き方を知らないし(笑)。

今の目標はチャンピオンです。強くなりたい。あと昔から自分の姿を見た人に“何かに挑戦したい”と感じてもらえる選手になれたら、と思ってます。その点でもカラダづくりは大事ですね。

取材・文/門上奈央 撮影/大嶋千尋

初出『Tarzan』No.780・2020年1月23日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。