• バナナバーベルを担いでダッシュ! 斬新すぎるタヒチの伝統レース
COLUMN
2019.08.31

バナナバーベルを担いでダッシュ! 斬新すぎるタヒチの伝統レース

バナナバーベルを担いでダッシュ! 見たことある? 斬新すぎるタヒチの伝統レース

南太平洋に浮かぶ118のフランス領ポリネシアの島々で、最も大きなリゾートアイランドであるタヒチ。日本から赤道と日付変更線を隔てたところに位置するこの国では、ユニークなレースが毎年の恒例イベントとして開催されている。手作りの“バナナバーベル”を担いだランナー達が順位を競い合う〈Bananas Of Fruits Carriers Racing〉だ!

ダンスを観に行ったら、バナナバーベルと出会った。

かなり斬新。しかしこんなにも見応えのあるレースがタヒチにあったなんて、まさに棚からぼた餅、瓢箪から駒だった。

筆者カドカミは、タヒチアンダンスを踊るのも観るのもチョ〜大好き。よって毎年7月開催のタヒチ一番の祭り〈ヘイヴァ・イ・タヒチ(以下ヘイヴァ)〉の名物イベントであるダンスコンテストを観るために、今年は現地を訪れた。

〈ヘイヴァ〉で地元の人たちに一番人気なのがタヒチアンダンスコンテスト。観覧席のチケットは毎年完売する。
〈ヘイヴァ〉で地元の人たちに一番人気なのがタヒチアンダンスコンテスト。観覧席のチケットは毎年完売する。

約2週間にわたる〈ヘイヴァ〉期間中は各国の観光客で賑わうと同時に、現地に住む人たちにとっても一年で最も心浮き立つシーズン。

期間中はタヒチの伝統的な競技大会や催しが島内各所で行われるためだ。ダンスコンテスト然り、ココナッツを的にした槍投げやアウトリガーカヌーのレース、石を用いた重量上げなどタヒチアンの血が騒ぐイベントがてんこ盛り。

中でも私カドカミの心に深く刺さったのが、フルーツ担ぎ競争こと〈Bananas Of Fruits Carriers Racing〉。15〜50kgもの“バナナバーベル”を背負って女性は1.5km、男性は3.0kmの特設コースを走る中長距離レースである。

これがタヒチアン特製のバナナバーベル! 独特のクラフト感がたまらない。
これがタヒチアン特製のバナナバーベル! 独特のクラフト感がたまらない。

バーベルの重りは、もちろん本物のバナナ!

7月11日。レース開始の約1時間前、会場の〈トアタ広場(Place To'ata)〉に到着した。首都パペーテの中心部にあるこの広場は普段は人々の憩いの場だが、この日はフルーツ担ぎ競争のために観覧席を特設。

〈ヘイヴァ〉期間中、ポリネシア伝統のスポーツのイベントが多数催される〈トアタ広場〉。
〈ヘイヴァ〉期間中、ポリネシア伝統のスポーツのイベントが多数催される〈トアタ広場〉。

ふと運営スタッフの集うテント付近を見ると、偶然にもバナナバーベルを作っている真っ最中!

 天然の木の両端にバナナの房を手際よく括り付けていく。
天然の木の両端にバナナの房を手際よく括り付けていく。

全て手作りのバナナバーベルの重量は15、20、30、40、50kgの5段階。どの階級に挑むかは、出場ランナー本人がエントリー時に選べる(女性は15kgのみ)。

それぞれの木(担ぐ部分)に重量が書き込まれる。
それぞれの木(担ぐ部分)に重量が書き込まれる。

レース開始が近づくにつれ、スタート地点に続々ランナーが集まってきた。準備体操がてら踊りだす人、黙々とストレッチに勤しむ人、写真撮影を求められて応じる人などさまざま。レースにかける思いは十人十色だ。

屈強なカラダに映えるタトゥーはタヒチアンのアイデンティティの一つ。トフという神により授けられたタトゥーには神聖なパワーが宿り、心身の健康を維持すると同時に悪いものから人間を守ると考えられている。
屈強なカラダに映えるタトゥーはタヒチアンのアイデンティティの一つ。トフという神により授けられたタトゥーには神聖なパワーが宿り、心身の健康を維持すると同時に悪いものから人間を守ると考えられている。

彼らに共通するのは、伝統競技に対する誇りと勝負にかける闘志(そして、カラダの大きさ)。レース前の雰囲気に当てられて、見ているだけでもドキドキ。場内のテンションも高まってきた!

ゴール地点には〈ヘイヴァ〉のイベントの一つ、美人コンテスト〈ミスタヒチ2019〉出場者の姿も。
ゴール地点には〈ヘイヴァ〉のイベントの一つ、美人コンテスト〈ミスタヒチ2019〉出場者の姿も。

3、2、1、パンッ! そしてゴールの先に見えたもの。

ギャラリー席は熱気ムンムン。ランナーに向けて各々声を振り絞ってエールを送る。
ギャラリー席は熱気ムンムン。ランナーに向けて各々声を振り絞ってエールを送る。

レース開始のピストル音が鳴った瞬間、出場者の目の色が変わった。地面に置かれたバナナバーベルに向かって一目散にダッシュ。ヘビーなはずのバーベルをひょいと担ぐと、脇目も振らず全力疾走。

一心不乱に走る出場者たち。思わず「みんな真剣…」と呟いたら隣にいた地元の人に、「Of course!」と即答されました。
一心不乱に走る出場者たち。思わず「みんな真剣…」と呟いたら隣にいた地元の人に、「Of course!」と即答されました。
15kgのバナナバーベルを担ぐ女性部門。選手のウェアに規定はなく、パレオをショートドレスにして纏う人やトレーニングウェアに着る人など色々だ。
15kgのバナナバーベルを担ぐ女性部門。選手のウェアに規定はなく、パレオをショートドレスにして纏う人やトレーニングウェアに着る人など色々だ。

ゴールを前にしたランナーの中には、歓声をあげるギャラリーに向かって笑顔で手を振って応える人も。またギャラリーも最後の一人が完走するまで、声援と拍手を送り続ける。なんだかすごくいい感じ。

ゴール手前の大接戦。ファイト〜!
ゴール手前の大接戦。ファイト〜!

タフな走りをみせてくれたランナーも彼らを励まし続けるギャラリーも、それぞれの形で伝統あるレースを心から楽しんでいる様子。何と言っても一年で一度きりの晴れ舞台、熱が入るのも納得だ。

ゴール直後、完走の喜びに抱き合うランナー達。お疲れ様でした!
ゴール直後、完走の喜びに抱き合うランナー達。お疲れ様でした!

〈Bananas Of Fruits Carriers Racing〉はタヒチ国民に限らず、18歳以上であれば国籍問わず出場できるそう。来年はランナーとして参加できるように日々のトレーニングを頑張るか…と、カドカミは結構マジで思っています。

取材・文/門上奈央 撮影/yOU(河崎夕子)-NMT.inc

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。