「ハンドツイスト」でくびれを作ろう!
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
AYAさん直伝の筋トレで腹をイジメたい!
痩せを取り巻く7つの危険信号とは?
リンパマッサージで老廃物を優しく流す。
膝に違和感を感じたら。やわらかい膝を手に入れる
バランスボールを使えば、腹筋群を網羅的に鍛えられる。
女性の更年期症状を和らげるためにできること。
  • 公開:

犬童美乃梨はグラビア界No.1美ボディをどう作ったか?

ほんの数か月前までは、ふわふわボディ。

『ターザン』読者にはおなじみの夏のボディコンテスト、『サマー・スタイル・アワード 新人類』(以下サマスタ)で今年、ひとりのグラビアアイドルが快挙を成し遂げた。その名は犬童美乃梨。7月頭に行われた大会でビューティーフィットネスモデル部門とカップルモデル部門、2部門を初出場でいきなり制したのだ。

その雄姿は上の通り。バランスのいい筋肉のつき方といい、カットの入り方といいまさに理想的だが、ビフォアーの写真にもご注目を。ほんの数か月前まではグラビアアイドルらしいふわふわボディだったのだ。

「事務所の社長が筋トレ好きで、今年の初めにいきなりコンテストに出てみたら?って。昔からチアリーディングをやっていたし、トレーニングも好き。あとは男性はもちろん、女性にも憧れられるカラダになりたいと思い挑戦することにしました」

本格的に鍛え始めたのは3月。そこから4か月で見違えるような変身を遂げたのだから凄い。

犬童美乃梨(いぬどう・みのり)
指導した玉手雅也トレーナーも犬童さんに合わせてトレーニングに励み、見事な肉体美に。今年新設のカップル部門で優勝を果たした。

早朝、仕事帰りととにかく歩き倒しました。

指導した玉手雅也トレーナーはこう証言する。

「正直、コンテストで通用するカラダにするには相当ハードに鍛えないとダメだなと。でも犬童さんはそのすべてについてきたんです。それで、少しでも彼女のモチベーションが上がればと途中から僕もコンテストに向けて鍛えることにしました。サマスタで今年からカップル部門が新設されるので、それに一緒に出場しようと提案したんです」

犬童さんは“出るからには絶対優勝”とさらにギアを上げる。ほぼ休みなしで筋トレに励み、さらには毎日のウォーキングや炭水化物を控えた食事も挫折することなく続けた。

「有酸素運動で一番続けられそうなのがランではなくウォーキングだったので早朝、仕事帰りととにかく歩き倒しました。おかげで都心の道にかなり詳しくなりましたね(笑)」

そんな努力の甲斐あって見事2部門を制した彼女。次なる目標は?

犬童美乃梨(いぬどう・みのり)
基本は毎日のウォーキング(3時間以上。時に20km近い距離になることも!)と週6の筋トレ。「毎朝歩いてからのジムトレが習慣に。ウェイトは最初はキツかったけど、徐々にカラダのラインができていくのが楽しくてやめられなくなりました!」。

「自分なりに鍛え方がいろいろとわかってきたし、ボディメイクが楽しいんです。今度は本職のグラビアに向けたカラダ作りを追求したいですね。他のグラビアアイドル仲間にも、カラダをより魅力的に見せるためのアドバイスをしていきたいなって」

PROFILE
犬童美乃梨(いぬどう・みのり)/1994年生まれ。アイドルユニット〈sherbet〉リーダーを務めるグラビアアイドル。チアリーディング全国大会出場経験も。本人にも会える「はなまる撮影会」の詳細はhanamaru-photo.comから。

取材・文/黒田創 写真提供/SUMMER STYLE AWARD イラストレーション/高橋 潤

(初出『Tarzan』No.770・2019年8月8日発売)

Share
Share