• いま着たい服、使いたいもの全部【Tarzan Locker-Room】|August 8, 2019
COLUMN
2019.08.11

いま着たい服、使いたいもの全部【Tarzan Locker-Room】|August 8, 2019

190806_769_85

容赦なく照りつける太陽、したたる汗、スカッと突き抜けるような青空。夕暮れの空は茜色に染まり、グイッと飲み干すビールがウマい。そんな日本の夏には、やっぱり開襟シャツと短パン、パナマハットの組み合わせが馴染む。

日本の夏の夕暮れには、白い開襟シャツとパナマハットが映える。

日本の夏の夕暮れには、白い開襟シャツとパナマハットが映える。

〈ディガウェル〉のキャンプカラーシャツは、襟も大きいし、身幅もワイドで着丈はかなり短め。ブロードコットンの光沢感とドレープが夏の日差しに映える。18,000円(ディガウェル/キャロル)

〈ディセンダント〉のチノショーツは、絶妙なブラウンの色味とフロントループが最高。24,000円(ディセンダント/ディセンダント)

英ノーサンプトンのベルトブランド〈RLC REGENT〉に別注した新作はフロントの2つのDリングがクール。7,300円(RLC REGENT/原宿キャシディ)

アレン・ギンズバーグの作品『HOWL』へのオマージュとして〈サウス2 ウェスト8〉が“TROUT”という文字にアレンジ。9,500円(サウス2 ウェスト8/サウス2 ウェスト)

米ニュージャージーの老舗ブランド〈ステットソン〉のパナマハットはクラウンの高さとブリム幅が好バランス。色も渋い。16,000円(ステットソン/ステットソン ジャパン)

インドの職人がほぼ手作業で仕上げる〈モヒンダース〉のレザーサンダル。22,800円(モヒンダース/ユーソニアン グッズ ストア)

定番の2色も忘れるべからず。

ゴールドウインのオープンカラーシャツ

夏に限らず、オールシーズンやっぱりスタンダードはコヨーテブラウンとオリーブだ。〈ゴールドウイン〉から今季リリースされたオープンカラーシャツは、まさにド真ん中なカラーリングで、高密度に打ち込まれたコットンリップストップ地は、ガシッとしたタフさがありながら、程よい光沢感が上品。肌触りがシャリッとしていて、無地の白Tの上から軽やかに羽織りたい。各18,000円(ゴールドウイン/ゴールドウイン)

スコットランドメイドのミニマルで知的な時計。

ポーリンのコミューター

サファリな着こなしだからといって、ゴツゴツした武骨なダイバーズウォッチや軍モノでは“モロ”過ぎるから、知性のあるミニマルな時計を選びたい。スコットランドのグラスゴーを拠点に一貫製造をする〈ポーリン〉の《コミューター》は、37㎜径の程よく小さめなケースと繊細なバーインデックスが知的。ドイツ製のスエードベルトもマットなオリーブの発色が渋い。クォーツ。32,000円(コミューター/ルーチェ)

上質な肌触りと、タフなカラーリング。

カナダのバンクーバー発〈サンディニスタ〉がタオルの名産地・今治で作ったバスタオル

プールや海から出たときにカラダを拭うタオル選びは後回しになりがちだが、やはりいいもので拭くと幸福度が違う。カナダのバンクーバー発〈サンディニスタ〉がタオルの名産地・今治で作ったバスタオルは、吸水力が抜群に高く、肌に当たった瞬間、そのふわっとした柔らかさにうっとりしてしまうほど。オリーブとネイビーの色味もいいし、肩から掛けるだけでもサマになる。各3,800円(サンディニスタ/トゥー・ステップ)

ローテクの皮を被ったハイテク。

マウンテンハードウエアのハット

ハイテクも度が過ぎると愛着が湧かない。ローテクだと機能が足りない。その両方をいいとこ取りしているハットがベストに違いない。〈マウンテンハードウエア〉のハットは、3レイヤーの防水透湿素材「ドライQアクティブ」を採用していて、軽くてストレッチ性もあって雨にも強い。テクニカルなのに佇まいはオーセンティック、という塩梅が完璧だ。5,500円(マウンテンハードウエア/コロンビアスポーツウェアジャパン)

モカシンの新定番は《マロ》だ。

モカシンの新定番はマロ

夏のモカシンの定番といえば、〈L.L.ビーン〉の《ブルーチャー・モック》や〈ティンバーランド〉の《3アイ クラシック ラグ》だが、次は〈パラブーツ〉の《マロ》だと断言しよう。名作の《バース》のアッパーデザインはキープしつつ、ソールをグリップ力のあるRAIDソールに変更。おまけにインソールにライニングを入れることで、重厚感のある佇まいに。36,000円(パラブーツ/パラブーツ 青山店)

置くだけで絵になる折りたたみスツール。

ザ テイストメイカーズ アンド コーの置くだけで絵になる折りたたみスツール

キャンプやBBQでは気分の盛り上がる椅子が必要だ。〈ザ テイストメイカーズ アンド コー〉が英国のファクトリーで作っているオリジナルのフォールディングスツールは、上質なチーク材を使用していて、キャンバスの素材感もストライプの幅も発色もすべてがクラシック。座面はスライドすれば取り外しできるから汚れてもなんのその。タフに使いたい。14,800円(ザ テイストメイカーズ アンド コー/ザ テイストメイカーズ アンド コー)

穿いた瞬間、LAの風が吹く。

タピア ロサンゼルスのショートパンツ

アイスグレーなのか、生成り色なのか。何色と断定できないほど曖昧な色味だが、それこそが〈タピア ロサンゼルス〉の真骨頂。オーバーダイによってクタクタになったコットンは穿き始めからいきなり良質なビンテージのようにシャリッとした肌触りで、とにかく軽やか。ワタリも広すぎず丈も短め。ズドンと太いシルエットが主流の今だからこそ、このベーシックなフォルムが逆に新鮮。25,000円(タピア ロサンゼルス/モアライド)

男の腰まわり、2019年夏。

ホワイトマウンテニアリングのベルト

〈ホワイトマウンテニアリング〉の新作ベルトにはそそられまくる。レザーとナイロンの素材のコントラストも、サンドベージュとオリーブの配色も、カラビナをくくり付けられる波状ループも、どれもこれもがギア好きの心を揺さぶる。しかもバックルはガチなワーク仕様の屈強なコブラバックル。コレは買いだ。17,000円、カラビナ各500円(ホワイトマウンテニアリング/ホワイトマウンテニアリング)

こんなクーラーを待っていた!

コムフィ アウトドア ガーメンツのFREEZY 10

海辺でビール、のチルな夕暮れには、気軽に持ち運べるグッドデザインなソフトクーラーがマスト。1915年にシアトルで創業した老舗アウトドアブランド〈コムフィ アウトドア ガーメンツ〉の《FREEZY 10》はTPU加工が施されたナイロン製で超ミニマル。おまけに止水ジップ仕様。ハンドルとショルダーストラップの2WAYが便利だし、何よりこのコヨーテの色味がパーフェクト。19,000円(コムフィ アウトドア ガーメンツ/ロストヒルズ)

ドンズバなこの新色を見逃せるわけがない。

キーンのユニークスライド

2017年に《ユニーク》のヒールストラップなしバージョンとしてリリースされてから、その気軽さと、伸縮コードによる極上のフィット感、グリップ力のあるアウトソールなどで一躍夏の定番サンダルになった〈キーン〉の《ユニークスライド》。これまで幅広いカラーバリエーションを展開してきたが、今季登場した新色はまさにドンピシャなマットオリーブ。この色味はたまらん。9,500円(キーン/キーン・ジャパン)

目元を軽やかにアップデート。

レイバンのウェイファーラーⅡ

サングラスといえば、いつの時代も〈レイバン〉の《ウェイファーラー》。飽きのこないシェイプのウェリントン型で問答無用にカッコいいが、この夏は《ウェイファーラーⅡ》を。フレームの厚みと太さが軽減されてすっきりとスマートに。さらに、天地幅もひとまわり広いから、チノショーツと開襟シャツを合わせたクラシックなスタイルにも好相性だ。21,000円(レイバン/ルックスオティカジャパン)

真夏のチェックシャツは、コレに限る。

インディビジュアライズド シャツのキャンプカラーシャツ

白、コヨーテブラウン、オリーブ。無地の開襟シャツの次は、〈インディビジュアライズド シャツ〉のチェックの《キャンプカラーシャツ》を手に入れるだけだ。さらっと軽やかなコットンの素材感も、ワイドな身幅も、短めの着丈も、文句の付けどころがない。洗うほどにクタリとした風合いを増し、色も褪せて、この一着が忘れられない2019年夏の記憶を刻む。各25,000円(インディビジュアライズド シャツ/メイデン・カンパニー)

INFORMATION

  1. キャロル tel: 03-5778-9596
  2. ディセンダント tel: 03-5784-0314
  3. 原宿キャシディ tel: 03-3406-3070
  4. サウス2 ウェスト8 tel: 011-280-7577
  5. ステットソン ジャパン tel: 03-5652-5890
  6. ユーソニアン グッズ ストア tel: 03-5410-1776
  7. ゴールドウイン tel: 0120-307560
  8. ルーチェ www.paulinwatches.jp
  9. トゥー-ステップ tel: 03-5794-4343
  10. コロンビアスポーツウェアジャパン℡0120-193803
  11. パラブーツ 青山店 tel: 03-5766-6688
  12. ザ テイストメイカーズ アンド コー tel: 03-5466-6656
  13. モアライド tel: 03-6450-2620
  14. ホワイトマウンテニアリング tel: 03-6416-5381
  15. ロストヒルズ tel: 03-6809-5582
  16. キーン-ジャパン tel: 03-6416-4808
  17. ルックスオティカジャパン tel: 03-3514-2950
  18. メイデン-カンパニー tel: 03-5410-9777

photos: Tomoo Ogawa styling: Shinichi Sakagami edit & text: Kyosuke Nitta
(初出『Tarzan』No.769・2019年7月25日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』770号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

雑誌『ターザン』770号