• いま着たい服、使いたいもの全部【Tarzan Locker-Room】|June 13, 2019
COLUMN
2019.06.02

いま着たい服、使いたいもの全部【Tarzan Locker-Room】|June 13, 2019

190522_695_22

『ターザン』本誌のファッション連載〈ロッカールーム〉より、旬のアイテムをお届け! 間もなく梅雨。キャンプやフェスも近い。撥水性が高いタフな素材で選ぶ初夏のワードローブを厳選して紹介する。

街、キャンプ、フェス、全フィールド対応。かかってこい、雨。

190522_695_13

〈ペンフィールド スポーツウエアインク〉のリップストップアノラックは速乾性もあって着心地も抜群。デカいフロントポケットも頼もしい。15,000円(ペンフィールド スポーツウエアインク/ヤマト インターナショナル)

まだ朝と夜は冷えるからインナーに〈ブルーブルージャパン〉のコットンタートルを。8,000円(ブルーブルージャパン/オクラ)

〈ワコマリア〉のオンブレーチェックの開襟シャツは縫製が裏まできめ細やか。25,000円(ワコマリア/PARADISE TOKYO)

英陸軍にも制服を供給する〈アークエアー〉のコンバットトラウザーズは、撥水加工が施されたリップストップのポリコットンが屈強。テーパードシルエットも最高。22,000円(アークエアー/グリニッジ ショールーム)

D環アイレットと安定感のあるソールが特徴の《WORLD HIKER MID》。選ぶべきはらしさのあるヌバックレザー。14,000円(WORLD HIKER MID/ティンバーランド/VFジャパン)

イエローの発色がプレッピーな〈ローイングブレザーズ〉のキャップ。6,000円(ローイングブレザーズ/ユーソニアン グッズ ストア)

〈リーボック クラシック〉のビッグトートは大容量だからガンガン荷物を放り込める。4,990円(リーボック クラシック/リーボック アディダスグループ)

ミニマリストのためのULサコッシュ。

190522_695_09

ハイキングやキャンプ、釣りやフェスなど、これから本格的に始まる外遊びには〈BROWN by 2-tacs〉のサコッシュを携えたい。コーデュラナイロンのリップストップ生地は、表にシリコンコーティング、裏にPUコーティングが施されているから、水にも強く極薄なのに超タフ。メッシュを重ねた2室構造で、ジップやベルクロなどを省略し、ドローコードのみ!という潔さがカッコいい。6,500円(BROWN by 2-tacs/フォントショップ)

このスニーカーは初夏の空を想起させる。

190522_695_02

すかっと晴れた気持ちのいい一日には、アクティブに歩きたくなるシューズが必要だ。〈ホワイトマウンテニアリング〉のベルクロスニーカーは、朝の陽光や、強い日差し、夕焼けの空などを連想させる7色が叙情的。各パーツの素材も、スエードやカーフ、メッシュやナイロンを組み合わせていて、フィット感も高く、しっかり足全体をホールドしてくれる。29,000円(ホワイトマウンテニアリング/ホワイトマウンテニアリング)

白のB.D.シャツはディテールが命。

190522_695_08

初夏に一枚で羽織るオックスフォードB.D.シャツはディテールで選ぶのがルールだ。〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉の定番は、肉厚な生地感やシュッとしたシルエットが完璧なだけでなく、タックアウトしたときも様になるマチ付きの裾や、襟裏のボタン、背中のハンガーループなど、トラッド好きの心を揺さぶるディテールが盛りだくさん。9,000円(ブルックス ブラザーズ レッド フリース/ブルックス ブラザーズ ジャパン)

シェル選びのキーワードは、軽さと薄さとツートーン。

190522_695_06

梅雨に不可欠なシェルジャケットは、軽さと配色で選びたい。〈マーモット〉の新作は、3層構造のGORE-TEX®Active 3Lを採用していて、完全防水なのに薄くてライトなのが魅力。ショルダー部分はさらに2重になっているから耐久性も高く、止水ジップ仕様で、脇にはベンチレーションもあるから登山やキャンプでも活躍してくれる。赤×黒の配色も90年代っぽくて気分。46,000円(マーモット/デサントジャパン)

鍛えたカラダには、白Tとブルージーンズ。

190522_695_07

しっかり鍛えたカラダにしか白Tとブルージーンズは似合わない。今デニムを選ぶならデザイナー松島紳率いる〈カンタータ〉定番の一本だ。旧式のシャトル織機で1947年製の501®のデニムの風合いを徹底的に研究しているだけあって、穿き続けたときに生まれるアジの重厚感がスゴい。太すぎない武骨なシルエットもいいし、セルヴィッジがピンク色というのもシャレてる。37,000円(カンタータ/カルネ)

大人が持つべきアニマル小物。

190522_695_01

アニマルモチーフの小物は正直子供っぽくなってしまい、ハードルが高いと敬遠しがちだが、〈メゾン キツネ〉が定番で展開しているキツネのコインケースとキーリングは放っておけない魅力がある。シボの利いたカーフレザーやゴールドのナスカンなど、素材やパーツはどれも大人仕様。シュールな笑みを浮かべる表情もまたグッとくる。コインパース29,000円、キーリング18,500円(メゾン キツネ/メゾン キツネ)

街履きしたくなる新色のオリーブ。

190522_695_11

悪路や濡れた山道で本領を発揮する〈サロモン〉の《SPEEDCROSS 4》は、そのグリップ力の高さからトレランシューズで根強い人気を誇る名作だが、今季新しく加わったカラーは文句なしにパーフェクトだ。マットなオリーブとメタリックなチャコールグレーを組み合わせているから、トレイルだけではなく軍パンやジーンズにだって好相性。夏はナイロンショーツに合わせたい。15,000円(サロモン/サロモン)

このグラスは梅雨の朝に使いたい。

190522_695_03

朝目覚めた瞬間から外が大雨だと気分が滅入るが、そんな日にはグラスで気分を上げたい。〈ユニフォーム エクスペリメント〉が強化ガラスでお馴染みの〈デュラレックス〉に別注したグラスセットはポップな6色入りで、ブランドを象徴するスターやサークルUEロゴなどをプリント。気分で色を選べるし、割れにくくてスタッキングできるからホームパーティやキャンプでも重宝する。9,000円(ユニフォーム エクスペリメント/SOPH.)

日本の老舗と共同開発。クラシックレインブーツ。

190522_695_10

消防隊や土木用のガチなレインブーツを作り続けているシバタ工業とタッグを組んだのは、なんと〈マウンテンリサーチ〉。発表された長靴は、英国的な渋い見た目とは裏腹に機能美が凝縮していて、太腿裏のループでフッキングできるし、溝の深いシャークソールは濡れた岩場でも滑りにくい。釣りやキャンプだけでなく、梅雨時のコンクリートジャングルにも映える。28,000円(マウンテンリサーチ/.....リサーチ ジェネラルストア)

この夏の定番は〈アップサイクル〉だ。

190522_695_05

2018年にデビューしたばかりの〈アップサイクル〉は、ニッティングから縫製までの全工程がアメリカ生産という徹底ぶり。しかもブランド名にもあるように本気でエコに取り組んでいて、生地はすべて自社工場から出た端切れや米国内で収集したペットボトルを再利用しているのだ。ハリ感のある肌触りやバインダーネックがとにかくいい。Tシャツ3,900円、ロンT4,900円(アップサイクル/メイデン・カンパニー)

ニューヨーク生まれのアイウェア。

190522_695_12

時代がどう変わろうとアメリカ製には目がないし、〝MADE IN NYC〟にはやっぱり強い憧れがある。2016年に設立された〈ローワーケース〉は完全なるブルックリン・メイドで、元建築家のブライアン・バラリオを中心とした4人による自社工場生産。定番のボストン型《Marlton》は広めの天地幅やテンプルの意匠がクラシックだが、絶妙にエッジの利いたフレームがモダン。40,000円(ローワーケース/ブリンク ベース)

改めて惹かれるローテクな佇まい。

190522_695_04

1987年にリリースされて人気を博した〈L.L.Bean〉のカタディンロゴが2年前にリバイバルし、その懐かしいデザインに胸を熱くさせたアメカジファンも多いだろう。そのときカラーブロックのアノラックばかりが注目されたが、実はワントーンも復刻していたのだ。雨と風に強いサプレックス®ナイロンの素材感や、デカいカンガルーポケットは健在。これぞ永遠のスタンダードだ。8,900円(L.L.Bean/L.L.Bean)


photos: Tomoo Ogawa styling: Shinichi Sakagami edit & text: Kyosuke Nitta
(初出『Tarzan』No.765・2019年5月23日発売)

INFORMATION

・ヤマト インターナショナル tel. 03-5493-5651
・オクラ tel. 03-3461-8511
・PARADISE TOKYO tel. 03-5708-5277
・グリニッジ ショールーム tel. 03-5774-1662
・ティンバーランド/VFジャパン tel. 0120-953844
・ユーソニアン グッズ ストア tel. 03-5410-1776
・リーボック アディダスグループ tel. 0570-033-033
・フォントショップ tel. 03-5724-7232
・ホワイトマウンテニアリング tel. 03-6416-5381
・ブルックス ブラザーズ ジャパン tel. 0120-185718
・デサントジャパン tel. 0120-460310
・カルネ tel. 03-6407-1847
・メゾン キツネ tel. 0120-667588
・サロモン tel. 03-6631-0837
・SOPH. tel. 03-5775-2290
・.....リサーチ ジェネラルストア tel. 03-3463-6376
・メイデン・カンパニー tel. 03-5410-9777
・ブリンク ベース tel. 03-3401-2835
・L.L.Bean tel. 0422-79-9131

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』766号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

雑誌『ターザン』766号
雑誌『ターザン』766号