• 【日本限定パック】注目のアディダス《SL20》TOKYO RACE PACKが登場!
RUN
2020.02.13
promotion

【日本限定パック】注目のアディダス《SL20》TOKYO RACE PACKが登場!

【日本限定パック】注目のアディダス《SL20》TOKYO RACE PACKが登場!

東京のストリートからインスパイアされた、さまざまなランナーに向けた日本限定モデルで、軽やかに街を駆け抜けろ。

2020年、あなたはどんなことを成し遂げたいと思っているだろうか。フルマラソンの完走、自己ベストの更新、5kgの減量、ランニングの習慣化。その目標はさまざまだろう。ランニングを多くの人にとって身近なものにしたい。そして、それぞれの目標達成をサポートしたい。そんな思いが込められた日本限定モデルが、〈アディダス〉から2月15日より順次発売される。

アディダスの新作シューズと東京の景観

デザインを手がけたのは、ストリートファッションブランドのグラフィックや、アーティストのジャケットのアートディレクションなどで知られているデザイン集団、mo’design(モーデザイン)。東京のストリートからインスパイアされたというデザインは、黒が基調。スリーストライプスまでがブラックでまとめられたアッパーに、白い文字のグラフィックが映える。

アッパーにグラフィックとして落とし込まれている文字は、DMCRTZ42195。これは、民主化するという意味を持つdemocratizeから母音を抜いたものに、フルマラソンの距離である42.195kmの数字を組み合わせたもの。42.195kmの民主化。フルマラソンを走ることは特別な人だけのものではない。走る目的やゴールは人それぞれである。

Tokyo Race Packは、《SL20》《ADIZERO JAPAN 5》《ADIZERO TAKUMISEN 6》の3モデルがリリースされる。

アディダスの新作シューズと東京の景観
右/ミッドソール全体にLIGHTSTRIKEを採用した《SL20》は軽やかな履き心地。12,000円。中/《ADIZERO JAPAN 5》のミッドソールはLIGHTSTRIKEとBOOSTフォームの組み合わせ。14,000円。左/《ADIZERO TAKUMI SEN 6》は、10km、ハーフマラソンなど比較的距離の短いレースに最適。フルなら2時間半〜3時間を目指すランナー向け。16,000円。(価格は全て税抜き)

特に注目となるのは、2020年初登場モデルとなる《SL20》。〈アディダス〉が初めてトレフォイルデザインを取り入れた1972年に誕生した《SL72》からインスピレーションを得て製作されたモデルだ。

《SL20》はエントリーランナー向けでトレーニングにもレースにも適している。

1/20
アディダスの新作シューズ
アッパーにはエンジニアードメッシュを採用。通気性が高くサポート力も十分に備えている。そして、ミッドソールに採用しているのは、LIGHTSTRIKEというフォーム素材。バスケットボールシューズにも使われている素材で、安定性が高く着地時の横ブレが少ない。
アディダスの新作シューズのアウトソール
アウトソールに使われているのはコンチネンタルラバー。速いスピードで走った際も確実に路面をグリップしてくれる。スリップによるエネルギーロスも少ない。また、TPUパーツのトルションシステムが着地から蹴り出しまでの体重移動をサポートしてくれる。
アディダスの新作シューズのインソール
インソールにもアッパーと同様、DMCRTZ42195の文字が。こちらはTokyo Race Pack共通のデザイン。ランへの気持ちが高まる。

《SL20》のミッドソールは、「LIGHTSTRIKE(ライトストライク)」というフォーム素材。一般的なEVA素材よりも40%ほど軽量化されながら、反発性の高い〈アディダス〉のBOUNCEフォームと同じレベルの反発性を備えている。さらに、LIGHTSTRIKEは安定性にも優れており着地時の横ブレが少ないため、エネルギーロスが小さい。

また、アウトソールには、自動車やレース用自転車でも使われるコンチネンタルラバーを使用。路面を確実にグリップし、スリップによるエネルギーロスを軽減してくれる。まさに、Super Lightの頭文字を取って名付けられたモデル名にふさわしい、軽やかな走り心地を実現。日々のトレーニングに最適な一足だろう。

サブ3〜5を目指すランナーに適した《ADIZERO JAPAN 5》。スピードランナー向けの《ADIZERO TAKUMI SEN 6》。そして《SL20》。Tokyo Race Packの中から自分のスタイルに適した一足を選び、目標を達成しよう。

INFOMATION

アディダスお客様相談室:

tel. 0570-033-033

https://shop.adidas.jp/running/tokyo-edition/

取材・文/神津文人 撮影/山城健朗

Special