• レース5日前には習得しておきたい、トラブル回避術:マラソン大会10日前からの「フル完走&記録更新のためのTODOリスト」
RUN
2019.02.26

レース5日前には習得しておきたい、トラブル回避術:マラソン大会10日前からの「フル完走&記録更新のためのTODOリスト」

5日前

大会10日前から当日までの過ごし方でレース結果は左右される! 4度のフルマラソン経験をもつモデルの三原勇希さんとともに、当日までの最終調整をプロランニングコーチ・金哲彦さんに学びましょう。5日前にやっておくべきこととは?

レース5日前にやるべきこと・その1:60分のウォーキング

前日のマッサージで、上半身は揉み返しで重く感じるかもしれないが、数日で楽になるので安心しよう。そんな微妙なコンディションで取り組むべきはウォーキングだ。歩くことも立派なランニングの練習。長く走り続けるためのベーシックな運動でカラダの状態を確認しつつ、軽い刺激を脚に与えておく。

「あまり休むと筋力が低下してしまうのでよくありません。かといって重いメニューでは本番に疲労が残ってしまいます。つなぎのトレーニングに最適なのがウォーキングです。目安はトータルで60分。歩数でいうと1万歩ですね」(金さん)

平日で時間を確保できない人は合計60分歩けばOKだ。ゆったり歩くのではなく、腕を大きく振って、速歩きの方がランにつながる。積極的に歩いて、脚の状態を整えていこう。

レース5日前にやるべきこと・その2:トラブル回避術の習得

42.195kmという道のりを走れば、どこかに痛みを感じるのは珍しくない。人間は未経験なことに襲われると、冷静なジャッジを下すのが難しくなる。

そこであらかじめトラブル回避術を習得して、余計な不安を抱えることなくスタートラインに立つようにしよう。

1/20

膝に痛みが出たら脚をシェイクする

膝に痛みが出たら脚をシェイクする
膝に痛みが発生したら、痛い方の脚を上げて、何度もブルブルと振ってみよう。膝周辺の筋肉がほぐれると痛みが軽減される。片脚立ちが難しい場合は屈伸運動も効果的だ。

炎症を起こしたら水でアイシング

炎症を起こしたら水でアイシング
ふくらはぎやハムストリングスに炎症が出た場合は水でアイシングしよう。レース中、水は簡単に手に入るので素早く処置できる。シューズを濡らさないように気をつけて。

レース中のトラブルで最も多いのが脚の違和感。なかでも膝を痛める人は少なくない。膝痛は膝が原因ではなく、大腿四頭筋など膝周辺の筋肉が凝り固まることで、膝に痛みが出る場合が多い。そのため膝周辺の筋肉をほぐすことで痛みが軽減できる。

ふくらはぎなどに炎症が起きた場合は水でアイシングをしよう。ただし、気温が低いときは水をかけることで筋肉の硬直につながるので注意が必要だ。

こちらもチェック! 関連記事:


衣装
ジャケット8,490円、S/S Tシャツ3,990円、アームウォーマー2,490円、ショーツ4,990円、シューズ20,000円、以上アディダス、問い合わせ/い合わせ/アディダスグループお客様窓口 (TEL)0570-033-033。

取材・文/酒井政人 撮影/谷尚樹 スタイリスト/山口ゆうすけ ヘア&メイク/村田真弓 イラストレーション/大久保ナオ登
(初出『Tarzan』No.759・2019年2月21日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』761号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

「脱げるカラダ2019」読者オーディション、申込受付開始!

Special

雑誌『ターザン』761号