ピラティスで美しく機能的な体に仕上げる。
筋トレするなら知っておきたい糖質の話。
今すぐやめたい5つのデブ習慣とは。
「太らない」糖質の摂り方の基礎知識。
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
姿勢の土台、足裏を整えよう。
親子丼と牛丼、カロリーが低いのは?
【女性向け】6種の簡単筋トレでスタイルアップ!
  • 公開:

タンパク質補給は「こまめに」が良い理由|松下▽式・ボディメイク論

タンパク質補給は「こまめに」が良い理由|松下▽式・ボディメイク論

筋肉タレント、パーソナルトレーナーの松下▽さんがボディメイクやダイエットに役立つ情報を発信。今回は「タンパク質の摂取頻度」について。

Share

Tarzan Webをご覧の皆さん、こんにちは!

筋肉タレント、パーソナルトレーナーの松下▽です!

今回は…「タンパク質の摂取頻度」についてのお話。

それでは、Let’s Go!

タンパク質はどのくらい必要?

そもそもタンパク質とは…。筋肉をはじめ、まで、人体の各組織の材料としての役割を担います。

1日に必要なタンパク質総量は、最低でも体重1kgあたり1g例えば体重60kgの人なら「60g/day」という計算になります。また筋肉を増やしたい場合などは、体重「1kgあたり2g以上」を目指して摂取するのが一般的です。

理想的な摂取する頻度は?

3時間、遅くとも4時間おきにはタンパク質を摂取したいところです。フィットネス界隈では1日に5〜6回の摂取が常識となっています。

血液中のアミノ酸(タンパク質)濃度が下がると、筋肉を分解してアミノ酸を取り出してしまいます。

筋肉は常に分解と合成を繰り返していますが、分解が優位になって筋肉量を失うことで、基礎代謝が落ち、結果として痩せづらくなったりリバウンドを誘発するなどのリスクが高まります。

1食あたりタンパク質はどのくらい?

運動しない女性でも20g(〜30g弱)程度は摂りたいところ。1回の摂取量が、例えば10gそこそこなど少なめの場合よりも、多めに摂った場合の方がタンパク質合成(タンパク質の有効利用)が進むことが明らかになっています。

ただし1回の摂取量が多過ぎると、吸収しきれない分は脂肪に変わるリスクがあります。上限量はまだ解明されていませんが、基本的に20〜30gのレンジに抑えれば全く問題ないでしょう。

ボディメイクには正しい間食が重要

ダイエットのために食事を抜くのはオススメできません。筋肉を失ってリバウンドのリスクが高まるだけでなく、健康的なボディラインや健康そのものを損ないかねません。

正しい間食はあなたのボディメイクを加速します。ただし、食間を3時間は設けるようにしましょう

また、ダイエット中であればタンパク質摂取時に余計な糖質や脂質を摂りすぎないようにお気をつけくださいね! これを書いている私も、もちろん1日に6回程度はタンパク質を摂取しています。


わからないことや質問はインスタのDMやコメントで残してください!

こちらで取り上げていきます!

今回もお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事:

Share