• 公開:

ジム通い継続までの個人的な試行錯誤(TEAM Tarzan)

『ターザン』が運営する有料オンラインコミュニティ「TEAM Tarzan(チームターザン)」。そのメンバーたちが、それぞれのフィットネス事情をリレー形式でお届けします!

Share
この記事を書いたメンバー
くまプロフィール画像
くま:TEAM Tarzan一期生。東京都在住会社員。ゴールドジムによく出没する自炊男子。減量期のレシピをInstagramアカウント@kuma_eatsで発信中!

ジム通いが習慣化に至るまで。

こんにちは、TEAM Tarzanメンバーのくまです。

現在、週5〜6回くらいのペースでジムに通っています。最初から定期的に通えていたわけではなく、少しずつ調整を重ねながら今の形になっています。今回はこれについて紹介していきます。

Phase1:仕事後帰宅してジムに行く。

一般的なかたちではないでしょうか。仕事をおえた。あーつかれた、さてジムに行くか。

でも、つかれた、とジムに行くかの間に、「少しおなかに入れるか」「ちょっと眠いから仮眠取るか」みたいなことしていると行く気がなくなります。

それ以外にも飲み会が入ったり、残業だったりで結果的に頑張って週2くらい通う、みたいな状況が5年くらい前でした。(これでも十分いっている?)

Phase2:仕事後そのままジムへ行く。

そもそも途中で疲れるなら、仕事からそのままジムに行けばいいじゃん、となりました。これでジムへのコミット率が上がります。しかし、新たな問題点が出てきました。

  1. 洗濯が面倒くさい
  2. 荷物がかさばる

ワンルーム独身貴族だった当時、手間が面倒くさくなり、ジムへ通う回数は若干増えましたものの満足いくコミットにはいたらず。

Phase3:フルレンタルする。

洗濯と荷物が問題なら、全部レンタルすればいいじゃない ! そうです、ジムのフルレンタルパッケージを契約しました。これにより劇的改善!(たまに異臭がする服がありますが……)

下着・化粧水等のグッズだけカバンに忍ばせてジムにいきました。こうなると、銭湯に行く感覚になり、風呂の掃除もしなくていいので毎日のように通うようになりました。

Phase4:マンネリ化する。

上記の状態でしたが、時間をかける割には成長しない。そんなときに選んだのがゴールドジムでした。月1回ゴールドジムにビジターしながら大手総合ジムに通い始めました。

Phase5:引っ越しをきっかけにゴールドジムに通う。

引っ越しを機に、ゴールドジムに通いはじめました。今回は服のレンタルロッカーも借りて、ベルトや美容グッズを格納です。なので、タオルと下着だけで通えます。サウナつき、風呂つき。銭湯より素敵です。

Phase6:コロナで朝方へ。

在宅勤務がメインになると、仕事を終えてジムにいって帰ってくるのが面倒くさい…。そんな中、通っているゴールドが21時間営業になりました。そこで朝6時台からワークアウトをすることに。フルレンタル×仕事前でもういけない理由はなくなりました。なお、朝の良いところは、以下の感じです。

  • 人が少ない
  • 眠気がさめる
  • 血流がよくなり、仕事のいいアイデアが浮かんですぐ実行に移せる

終わりに。

いろいろ書いて今が一番いい感じですが、今後もフェーズごとに変わっていくと思います。そんなとき大事になるのが続かない理由を因数分解すること。

自分は、(1)家につくとオフモードになり行く気がなくなる、(2)荷物がかさばる、(3)洗濯めんどい、(4)在宅勤務後にわざわざ家出るのが面倒、の4つが主要因でした。これらに対して、フェーズ分けしている通り、ボトルネックを一つ一つ潰しながら改善をしました。

出費と投資を区別するのも大事です。服レンタルやロッカーレンタルはお金もかかるのですが、それ以上のベネフィットがありました。その結果、毎日の生活がよくなる意味では投資と言えると思います。

ジム=鍛えるだけではない。上にあるように、風呂とサウナだけのためにあるわけではなく、有酸素しながら『Tarzan』を読むとかでもいいと思います。外を走るときながらは危険ですが、ジムだったら映画を見ながらでもエクササイズができます。

読者オンラインコミュニティ「TEAM Tarzan」(チームターザン)

「TEAM Tarzan」は『ターザン』読者のための有料オンラインコミュニティ。編集部が面接選考した方のみが参加できるクローズドなコミュニティ。オンラインでトレーナーによるライブ配信に参加できたり、「脱げるカラダコンテスト」を切磋琢磨しながら共に目指したり、メンバー同士でフィットネスに関するインスピレーションをシェアしあいます。

https://teamtarzan.jp/

Share