• ダンベルで上半身をボリュームアップ。ターゲット別テッパントレ
TRAINING
2019.02.04

ダンベルで上半身をボリュームアップ。ターゲット別テッパントレ

190129_731-26-1

男らしい上半身を作り上げる早道はダンベルトレーニング。厚い胸、広い背中と肩幅の逆三角体型も夢じゃない。ダンベルトレーニングをやるときに気をつけるべき「鉄則」に加え、鍛え上げられた胸と背中をつくりあげる2つのパッケージ「胸パック」「背中パック」を動画でチェック!

ダンベルトレーニング、3つの鉄則

1. フォームを崩さず、筋肉を追い込む

ウェイトトレでもっとも大切なのは適切な負荷の選択。ダンベルで筋肉を太くするなら、一度に8〜12回しかできない重さ(8〜12RM、平均10回=10RM)で限界まで8〜12回行い、60〜90秒の休憩を挟んで3セット続けるのが理想。

動きをつねにコントロールして2カウントで動かし、フィニッシュで1カウント静止、2カウントで戻す。だが、3セット目まで余裕で10回以上できるなら、ウェイトが軽すぎるかも。

1セット目で10回こなせても、疲労が溜まる2セット目は9回、3セット目は8回と反復回数が減って当たり前。8回未満でもフォームが少しでも崩れたらそこでストップしよう。

2. 胸パックと背中パック、交互に週2〜3回行う

ダンベルトレで1種目に要する時間は4〜5分が目安。集中力を切らさないために30分以内で終えるとしたら、1セッション6〜7種目程度行うのがベスト。上半身で必ず鍛えたいのは胸と背中だから、胸が主役の6種目、背中が主役の7種目からなる2つのパッケージを用意した。

2つのパックを交互に2〜3日おきに行うと、筋肉を回復させながら頻度が増やせて週2〜3回できる。

重いウェイトで鍛える大筋群が先、小筋群は後回しなので、胸パックの6種目は胸→上腕、背中パックの7種目は背中→肩→上腕という順番で。姿勢を保つのに必要なお腹が疲れないようにいずれも腹筋は最後に。

3. ダンベルをつねに正しくセッティング

フォームはもちろん大事だが、筋トレのスタート→フィニッシュだけでなく、ダンベルをラックなどの置き場から取り出してセッティングするまでのプロセスにも注意が求められる。そもそも高重量のダンベルを中腰で持とうとすると、腰を痛める恐れもある。

たとえばダンベルプレスでは、両手にダンベルを持ってからベンチで坐り、ダンベルを一度膝に置いてから仰向けになってスタートするのが正解。横着して仰向けになってから床に転がしたダンベルを握ろうとすると肩などを痛めやすい。

終わったら起き上がってダンベルを膝に置いてから立ち上がり、ラックまたはフロアに戻す。

190129_731-24-1
ダンベルプレスではダンベルを持ち、坐って膝に乗せてから仰向けになる。重たいウェイトを扱う際は、仰向けになりながら乗せたダンベルを1個ずつ膝で胸へ押し上げる。

胸パック|厚い胸と太い腕で上半身にボリュームを

大胸筋とともに働く三頭筋を一緒に鍛える。ベンチを使ってダンベルトレを効率化!

大胸筋を鍛えるためのダンベルプレス、インクライン・ダンベルプレス、ダンベルフライ。上腕三頭筋を鍛えるフレンチプレス、キックバック。そして、腹直筋を鍛えるダンベルクランチの計6種目のパッケージ。

それぞれの正しいフォーム・やり方を動画でチェックしてほしい。

1. ダンベルプレス(ターゲット:大胸筋)

両手にダンベルを持ち、頭、背中、お尻をベンチにつけて仰向けになり、両足を床に下ろす。ダンベルを乳首の真横に下ろし、前腕を床と垂直に。前腕の垂直を保ち、肘を伸ばして肩の真上にダンベルを押し上げ、元に戻す。

2. インクライン・ダンベルプレス(ターゲット:大胸筋)

シートを45度ほど起こし、両手にダンベルを持って坐り、両足を床に下ろす。ダンベルを乳首の真横に下ろし、前腕を床と垂直にする。前腕の垂直を保ったまま、肘を伸ばして肩の真上にダンベルを押し上げ、元に戻す。

3. ダンベルフライ(ターゲット:大胸筋)

両手にダンベルを持ち、頭、背中、お尻をベンチにつけて仰向けになり、両足を床に下ろす。ダンベルを肩の真上に上げ、肘を軽く曲げる。肘の角度を変えないで、ダンベルを乳首の真横に下ろし、肘の角度を守って戻す。

4. フレンチプレス(ターゲット:上腕三頭筋)

右手にダンベルを持ち、ベンチに坐る。右肩の真上に右肘を上げ、右肘を天井に向けてダンベルを首の後ろに下ろす。肘の位置を固定したまま、右肘を伸ばしてダンベルを右肩の真上に押し上げ、元に戻す。左右を変えて。

5. キックバック(ターゲット:上腕三頭筋)

左手にダンベルを持ち、ベンチに右手と右膝をついて上体を床と平行に。脇を締めて左肘を肩より高く上げ、ダンベルを肘の真下に下げる。肘を高く保ち、肘を伸ばしてダンベルを後ろに押し上げ、戻す。左右を変えて同様に。

6. ダンベルクランチ(ターゲット:腹直筋)

ダンベル1個を両手で横向きに持ち仰向けに。ダンベルを胸で構え、両膝を腰幅に開いて90度曲げて立てる。胸を太腿に近づけるように背中を丸めて肩甲骨が床から離れるまで上体を起こし、背骨の下部から徐々に戻る。

こちらもチェック! 関連記事:

背中パック|広い背中と肩幅で逆三体型を強調

お次は全7種目の「背中パック」。引く動きで背中を覆う筋肉を鍛錬する。肩は3つの種目で徹底トレーニング。

広背筋・僧帽筋を鍛えるワンハンド・ベント・オーバーロウ、ベントオーバー・リアフライ。三角筋を鍛えるショルダープレス、サイドレイズ、フロントレイズ。そして上腕二頭筋を鍛えるダンベルカールにインクライン・ダンベルカール、外腹斜筋・内腹斜筋を鍛えるダンベル・ツイストクランチ、オーバーヘッド・ツイストクランチを行おう。

1. ワンハンド・ベントオーバーロウ(ターゲット:広背筋・僧帽筋)

左手にダンベルを持ち、ベンチに右手と右膝をついて上体を床と平行に構える。肘を伸ばしてダンベルを肩の真下に下げ、肩甲骨を寄せる。天井にぶつける意識で肘を引いて下腹部までダンベルを引き上げ、戻す。左右を変えて。

2. ベントオーバー・リアフライ(ターゲット:広背筋・僧帽筋)

両手にダンベルを持ち、両脚を腰幅に開いて立つ。上体を45度よりも深く傾け、ダンベルを肩の真下に下げ、肘を軽く曲げる。肩甲骨を寄せて胸を張る。肘の角度を変えずに、肘を肩の高さまで引き上げ、元に戻す。

3. ショルダープレス(ターゲット:三角筋)

両手にダンベルを持ち、両足を腰幅に開いて立つ。ダンベルを耳と肩の中間で前腕が床と垂直になるように構える。上体を床と垂直に保ち、肩を下げて首を長く保ったまま、肩の真上までダンベルを押し上げ、元に戻す。

4. サイドレイズ(ターゲット:三角筋)

両手にダンベルを持ち、両足を腰幅に開いて立ち、膝を軽く曲げて上体を軽く前傾。肘を伸ばしてダンベルを太腿の前で構える。真横ではなく、少し斜め前方へ肘が肩の高さに来るまでダンベルを引き上げて、元に戻す。

5. フロントレイズ(ターゲット:三角筋)

両手にダンベルを持ち、両足を肩幅に開いて立ち、膝を軽く曲げて上体を軽く前傾。肘を伸ばしてダンベルを太腿の前で構える。両腕の幅を保ち、肘が肩の高さに来るまでダンベルを正面に引き上げて、元に戻す。

6. ダンベルカール(ターゲット:上腕二頭筋)

両手にダンベルを持ち、両足を腰幅に開いて立ち、膝を少し曲げて上体を軽く前傾させる。肘を伸ばしてダンベルを太腿の横で平行に構える。前腕を外側にひねる回外をしながらダンベルを胸の高さまで引き上げ、元に戻す。

7. ダンベル・ツイストクランチ(ターゲット:外腹斜筋・内腹斜筋)

ダンベル1個を両手で縦に持ち、床に坐る。両膝を腰幅に開いて90度曲げて立てる。上体を45度ほど後ろに倒し、両肘を曲げてダンベルをヘソの前で構える。片肘を床に近づけるように体幹を真横にひねる。左右交互に続ける。

取材・文/井上健二 撮影/山城健朗 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾 監修/清水 忍(IPF)

(初出『Tarzan』No.731・2017年11月22日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan

Special